食事

ワンちゃんの老化で食が変化!老犬に適した食事とはどんなもの?

いつも元気だと思っていたワンちゃんも、いつか老いてくる日がやってきます。老犬になると食欲がなくなり、食べる量も減ってくるでしょう。

このようなとき、ワンちゃんにはどんな食事を与えてあげるのがいいでしょうか。ワンちゃんの健康を守るための参考にしてください

老化によって食欲などに変化が出る

犬は人間よりも寿命が短い動物です。だいたい12年~15年程度生きるといわれており、その年齢に近づけばシニア犬として意識を持った方がいいでしょう。

また、犬種によってシニア犬と呼ばれる年齢は異なり、一般的には比較的長生きする小型犬、中型犬は11歳くらい、大型犬は8歳くらいからシニア犬の仲間入りです。

しかし、老いていくスピードは個体差がありますから、自分の愛犬の様子をよく観察し、老化が訪れているかどうかを把握しておきましょう。

ワンちゃんが老化していくと、以下のような変化がみられるようになります。

  1. 動くのが億劫になる
  2. ひげなどに白髪が増える
  3. 音や目の前の動きなどに反応しにくくなる
  4. 寝ている時間が多くなる
  5. 以前好きだった食べ物を食べなくなる
  6. 食欲が落ちる
  7. 固いものが食べられなくなる

など

特に食欲が落ちてあまり食べなくなってしまうと、しっかりと栄養を摂ることができなくなってしまいます。専用の食事に切り替え、少ない食事量で効率よく栄養を摂れるようにしてあげるのがいいでしょう。

老犬の食事で気をつけたいこと

老犬に食事を与えるときには、以下の点に注意が必要です。

カロリーや脂肪を抑える

老犬は、若い頃よりも運動量や代謝量が減っています。そこに若い頃と同じ食事を与えていると、カロリーを消費しきれず太ってしまうのです。太ってしまうと、心臓や呼吸器系、また関節などに負担をかけてしまいます。

また消化機能も弱るため、脂質も消化しにくくなるでしょう。そのため、カロリーや脂肪を抑えた食事を与えるようにしてください。

高タンパクの食事を意識する

老犬になると筋力が低下し、さまざまな動作が鈍ってしまいます。その筋力を保つために、タンパク質は重要な栄養素です。

つまり、老犬になったからこそタンパク質をたくさん与えることが大切なんです。特に質のよい動物性タンパク質を与えるのがオススメです。

食事は食べやすくする

食欲が落ちている老犬は、食べるときの匂いや感触をよくしてあげることで、多く食べるようになることもあります。例えば、以下のようなことを試してみてください。

・温めてみる
温めることで匂いがたち、食欲を増進させる効果があります。

・水分を混ぜてみる
ドライタイプのドッグフードをぬるま湯でふやかしてあげることで消化がよくなりますし、水分補給にもなります。また、肉をゆでた後の汁や缶詰に含まれる汁をドライフードにかけてあげてもいいでしょう。

老犬用ドッグフードを選ぶポイント

体の機能に衰えを見せ始める老犬には、ただ単にシニア犬のドッグフードを与えていればいいというわけでもありません。では、ドッグフード選びで注意したポイントとはどのような点でしょうか。

できるだけ添加物の少ないものを選ぶ

一般的なドッグフードには、防腐剤などの添加物が使われていることもあります。これらの添加物がワンちゃんの健康に害を及ぼす可能性もあるのです。そのため、余計な添加物を使わないものを選んであげましょう。

低カロリーで高タンパクのものを選ぶ

前述したように、老犬に与える食事はカロリーが低く、さらに質のよいタンパク質を多く含んだものが理想です。この条件に当てはまる食材としては、馬肉が挙げられます。

馬肉には脂質が少なく赤身が多いため、カロリーが少なくタンパク質も豊富です。さらに、ビタミンやミネラルもたくさん含まれていますから、老いが見え始めたワンちゃんの健康維持にも役立ってくれるでしょう。

まとめ

愛するワンちゃんには、少しでも長生きしてもらいたいものです。そのためには、体の変化に合わせた健康管理を、飼い主がきちんとやってあげる必要があるのです。

中でも、食事に気を遣うことは大切です。ワンちゃんに老化が見え始めたら、今回紹介したようなポイントを踏まえて食事を切り替えてみましょう。

馬肉を使った無添加のドッグフードをお探しなら、馬肉自然づくりがオススメです!必要な栄養素がたっぷり入った、シニア犬にピッタリのフードですよ♪

年齢に応じて食事を変えよう!犬の健康的な食事方法とは

人は母乳から離乳食、そして一般的な食事へと食生活を変化させていきます。

思春期には栄養やカロリーの高いものを好んだり、シニアになってからは和食などの健康志向に移ったりと移り変わりがありますね。

それはじつのところ犬も同じで、年齢を考えた適切な食事を与えることが大切とされています。

あなたのワンちゃんは年齢に適した食事をしていますか?一度食事について考え直してみましょう。

体の変化に合わせて食事を変える

年齢に応じて食事を変化させる最大の理由は、体が変化していくということです。

たとえば年齢によって消化機能の大きさが変化していきます。子犬の頃は消化機能がまだ弱く、少しずつ栄養価の高いものを与えていく必要がありますが、ジュニア期から成犬期にかけては消化器官も活発に動くようになり、摂取できる栄養量も大きく変わります。

しかし成犬期からシニア期にかけては成長がおさまり、老化も始まるために消化機能がまた変化をします。

栄養摂取量に関しても、子犬やジュニア期のころは体を成長させるためにたくさんの栄養を必要としますが、成犬期からシニア期に入ると体が成長しなくなるので、子犬期、ジュニア期のころほど栄養を欲しなくなります。

ほかにも運動量が違うことが挙げられるでしょう。子犬の時期やジュニア期は動き回ることが多く運動量も多いですが、成犬期からシニア期にかけてでは運動量がおだやかに下がっていきます。

これらのことを考えると、たとえばジュニア期と成犬期とシニア期で同じ食事を与えると、 成犬期の後期やシニア期では栄養を過剰に摂取することになり、体に負担がかかったり、肥満になってしまったりといったことが考えられます。

犬の年齢別オススメの食事

では具体的に、年齢別にどんな食事を与えるべきなのでしょうか。まず、生後10~12ヶ月までは成長期にあたり、成犬になるための準備をする時期となります。

つまり、栄養をたっぷり摂取する必要があるので、高カロリーの食事をおすすめします

しかしながら、まだ消化器官が完全に出来上がっていないため、少量の食事を少しずつ与えることがポイントです。

1歳~7歳までは成犬期・維持期と呼ばれる時期にあたり、人間であれば大人にあたります。

[このときは成長期に比べて栄養を必要としない]ため、カロリーを抑え、適切な栄養が摂れるものを選びましょう。低カロリー、高たんぱく質のものがおすすめです。

さらに歳を重ねて7歳以降になると、成犬期に比べて体の器官が衰えたり運動量が減ったりしてきます。

成犬期と同じ食事だと肥満になる可能性があるため、低カロリーのものにしたり、食事を減らしたりしてみましょう。

逆に食欲がなくなるワンちゃんもいるので、その場合は、ドッグフードを変えるなどして、食欲をそそるようにしてください

おすすめは馬肉のドッグフード。低カロリーでありながらワンちゃんの好む肉を主食としているので、食いつきもよいです。

個体差も考慮しながら食事を変えていく

注意するべきは年齢だけではありません。ワンちゃんそれぞれの大きさや好みなど、個性に寄り添うことが重要になります

たとえば歯の悪いワンちゃんであれば、やわらかいウェットフードに変えるなど、ドッグフードの種類にも気をつけるとよいですね。特に子犬の時期やシニア期はこうした特徴が目立ちます。

また、食事を変更するときは、少しずつ新しいものにシフトチェンジするように心がけましょう。急に食事を全部切り替えてしまうと、ワンちゃんも驚いてしまいます。

ほかにも、ワンちゃんの健康状態はつねに変化しています。たとえばワンちゃんがなんとなく痩せているように感じるのであれば、栄養が足りていない可能性もあります。

痩せすぎる、食事をしないなどの場合は違うドッグフードに変えてみるのもおすすめです。ワンちゃんにも好みがありますから、こまめに気にしてあげてください。

まとめ

ワンちゃんに適切な食事を摂ることはとても大切です。年齢はその時に必要な食事を見極めるひとつの基準として考えましょう。

しかしながら、人と同じように犬にも好みがあり、好きでもない食べ物はいくら栄養があっても食べ続けることはできません。栄養とワンちゃんの個性を踏まえて、ぴったりのドッグフードを選んであげてくださいね。

関連記事

太ってきたなと思ったら…効果的な犬のダイエット方法をチェック
犬の健康を考えた食事にしよう!馬肉ドッグフードがおすすめの理由とは?
無添加の馬肉ドッグフードがおススメ!添加物の怖さを知る

商品のお届けについて

必ずお読み下さい

「健康いぬ生活」では、馬肉をメインに日本全国の厳選した原材料を使用しています。ずっと使い続けていただきたい。その一心から少しでも販売価格を抑えるため、少人数で運営しています。そのため、ご注文日から発送まで2~3営業日ほどいただいています。

発送までに2~3営業日かかることをご了承いただける方のみご注文ください。

※営業日とは:土日祝日を除く平日となります

事前に定期便へご注文をいただいているお客様には、指定の日にちにお届けしています。

返品・交換について

商品の返品交換につきましては、下記日程以内にご連絡お願いいたします。
■常温商品・・・到着後8日以内
■クール商品・・・到着後3日以内

  • ・商品の特性上、未開封のものに限ります。事前にスタッフまでご連絡ください。
  • ・お客様のご都合による場合、返送料・手数料はお客様のご負担とさせていただきます。
  • ・配送中の汚損や不良品、ご注文と異なった商品が届いた場合、返送料・手数料は当社が負担いたします。

ご注文方法について

ご注文は24時間受け付けております
このホームページでのご注文、お問い合わせは、年中無休24時間お受けしております。土日祝日または臨時休業日のメールでのお問い合わせ、受注確認は翌営業日となります。

お電話でのご注文について

・通話料無料のフリーダイヤル(下記)をご利用下さい。
・営業時間/午前9:00~午後6:00
・定休日/土日祝日 但し、年始など、臨時休業する場合があります。
TEL 0120-397-111 / FAX 096-223-5135

住所

〒860-0863
熊本県熊本市中央区坪井2-1-42
株式会社利他フーズ 健康いぬ生活事業部

配送について

1配送8,000円以上のお買い上げで送料無料

8,000円(税込)未満の場合は下記となります。

商品 発送方法 送料
常温商品 ヤマト運輸 690円(税込)
冷凍商品 ヤマトクール便 1,100円(税込)

※ゆうパケットでの発送の場合、郵便受けへのお届けとなります。
 お届け日のご指定はできませんので予めご了承ください。
 郵便受けに入らない場合は持ち戻りとなり、不在票が入ります。
 再配達をご依頼の上、手渡しにてお受け取りください。

※沖縄・離島のお客様は別途「通常送料+660円(税込)」頂いております。
          

※お客様が 北海道から九州まで幅広くいらっしゃるためお届け期間を少しでも短縮できるように、熊本県で製造した商品を一括して関東に集約し、倉庫を借り受けて発送業務を行っております。
配送日数の短縮や、送料のご負担軽減のためとご理解いただけますと幸いでございます。

お支払い方法について

クレジットカード決済

利用できるカード会社
VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERSのカードがご利用可能です。
弊社ではSSLというシステムを利用しておりますので、カード番号は暗号化されて送信されます。ご安心下さい。

代金引換

商品到着時に配送業者の方へ現金にてお支払いください。
代引手数料390円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物で代引手数料無料

NP後払い決済

NP後払い手数料210円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物でNP後払い手数料無料

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で後払いできる安心・簡単な決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願います。

ご注意

後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で54,000円(税込)迄となります。

TOP