体にいい食べ物や食べても良いものは、人間と犬では大きく違います。なかには命にかかわるような危険な食材も。

いつまでも愛犬に健康でいてもらうために、また危険にさらさないように、正しい知識で体にいい食べ物を選びましょう。

絶対に避けたい食べ物

人間の食べている食品の中には、犬には絶対に与えてはいけないものもあります。食べてしまった場合、中毒を起こして命の危険にさらされる可能性もあるので、日ごろから十分に注意が必要です。

・タマネギ
「アリルプロピルジスルフィド」という物質が赤血球を壊して、貧血症状を引き起こします。

発症までには1~5日程度かかり、貧血で粘膜が白くなったり、黄疸が出たりする他、食欲不振や尿が赤くなるなどの症状が出ます。進行すると呼吸困難を起こし、死亡することもあります。

・チョコレート
チョコレートに含まれる「テオブロミン」という物質が犬にとっては毒となります。

中毒症状は、1時間~12時間以内にでることが多く、嘔吐やおもらし、下痢や筋肉の震えなどが起こります。進行すると筋肉が硬直して痙攣、昏睡などが起こり、死亡することもあります。

・キシリトール
膵臓からインスリンが放出され、低血糖を引き起こします。ガムなどに含まれており、少量でも症状が出るため、間違って与えたり食品を放置しないように注意が必要です。

30~60分程度で、嘔吐や脱力感、よだれ、発作などの症状がでます。さらに進行すると、72時間以内に急性肝不全を起こす恐れがあります。

・マカダミアナッツ
原因物質は不明ですが、通常6~12時間以内に嘔吐や脱力感、震え、腹痛などの症状が出ます。早いと1時間以内に出ることもあります。

・ぶどう
こちらもマカダミアナッツと同様で原因は不明ですが、食べてから24時間以内に嘔吐や下痢を伴う中毒症状が起きる可能性があります。

万が一中毒性のあるものを食べてしまった時

中毒性のあるものを食べてしまった時は、速やかに動物病院へ行きましょう。自分で対処してしまうとかえって逆効果になることもあるので、自己判断をせずに医師の指示を仰ぎます。

日曜や祝日、夜間でもやっている病院はあるので、万が一の時にすぐに向かえるよう、あらかじめ場所を把握しておきましょう。

開いている動物病院がない場合も、電話はつながるかもしれません。必ず一度電話をかけてみてください。

食べたものや量を伝えれば、医師が原因や治療方法を判断できるので、病院に着いた、または電話がつながったら、何を、いつ、どのくらい食べたのかを、正確に医師に伝えましょう。

犬に食べさせても良いもの

人間の食べ物には犬にとって危険なものもありますが、人間と同じように健康に良い食べ物もあります。

・サツマイモ
サツマイモは、ミネラルが豊富でビタミンのバランスも優れています。

ただし、食物繊維が下痢を起こすこともあるため、胃腸の弱い犬には量を調節して与えるようにしましょう。また、生食は中毒の原因になるので加熱してから冷まして与えましょう。

・キャベツ
キャベツもビタミンを含んでいます。サツマイモ同様、生ではなく湯がいてから与えてください。

・ブロッコリー
ゆでたブロッコリーは食感も良く、ビタミンなども豊富です。食べさせる飼い主さんも多くなります。

・大豆製品
豆腐、きなこなどの大豆製品は、植物性たんぱく質が豊富なヘルシー食材です。特に「おから」はビタミンやミネラルが豊富に含まれているのでおすすめです。

・かつお節
かつお節にはアミノ酸が豊富に含まれています。また、風味が良くなるので犬の食いつきも良くなりますよ。

塩分なども多く含まれているので食べすぎると体に毒ですが、適量であれば問題ありません。

・肉類
元々犬は肉食なので、肉はぜひ食べさせてあげたい食材です。できるだけ低脂肪で高たんぱくの素材、部位をあげるようにしましょう。

例えば馬肉はビタミンやミネラルも豊富で低脂肪高タンパク、主食としても十分な素材です。

まとめ

基本的には、ワンちゃんに人間の食べ物を何も考えずに与えるのは危険です。正しい知識の元で与え、間違ったものを口にした時は早急に動物病院を受診しましょう。