大切な愛犬のうんちに血が混じっていたら驚いてしまいますよね。「何か大きな病気では?」とパニックになってしまうかもしれません。

しかし慌てず、冷静に対応することが大切です。こちらで犬が血便を出した時の原因と、普段からできる予防法を紹介します。

犬の血便には種類がある

犬の血便と一口に言っても、便の硬さや血の状態などによっていくつか種類があります。もしもワンちゃんが血便を出してしまったら、まずはどんな状態なのか確認しましょう。病院に連れていく際も、どんな血便かという情報は重要です。

血便とともに下痢をしている

下痢の中に血が混ざっている場合や、トマトジュースのように全体的に真っ赤なウンチが出る場合があります。

鮮血の場合は大腸後半など比較的肛門付近で出血していると考えられます。

硬い便に血が混じっている

カチカチの便の周囲のみに血がついている場合、硬い便によって肛門が傷ついている可能性があります。

便の中にも血が混ざっている場合は、大腸の前半部分などで出血していると考えられます。

ゼリーのような血便が出る

何らかの原因によって腸内の粘膜が多く剥がれ、便に混ざっていると考えられます。黒っぽいタールのようなネバネバした便の場合は要注意。

小腸より前の段階で出血している可能性があります。

犬が血便をした時の原因とは

ワンちゃんの場合、ストレスや食べすぎによる一過性の血便も少なくありません。しかし、怖い病気や症状が隠れているケースもあります。では、どんな原因が考えられるでしょうか。

ウイルスによるもの

血便を引き起こすウイルスは様々な種類があります。特にパルボウイルスというウイルスには要注意。

感染すると、悪臭を伴う激しい下痢や嘔吐、脱水、発熱といった症状を伴います。進行するとトマトジュース状の血便が見られる、致死率の高い恐ろしい病気です。

感染力が高く便そのものや食器などからも広がるので、多頭飼いの場合は特に注意しなくてはなりません。一刻も早い治療が必要です。

寄生虫によるもの

鉤虫やコクシジウムといった寄生虫が体内に侵入し、腸壁を傷つけることで出血します。

寄生虫が肛門にぶら下がっていることや、便に混ざっていることもあるのでチェックしてみてください。動物病院で虫下しの薬を処方してもらいましょう。

腫瘍や病気によるもの

大腸がんや突発性大腸炎・過敏性大腸炎など大腸の腫瘍・病気や、会陰ヘルニアや肛門狭窄など肛門周辺の腫瘍・病気、胃や肝臓の病気などが考えられます。

特に色の黒い血便の場合は、すぐに動物病院を受診しましょう。またネギや玉ねぎを食べてしまったことによる中毒症状として血便が出ることもあります。

普段からできる予防策とは

では、愛犬が血便をしないように日頃からどんなことに気をつけていれば良いのでしょうか。ちょっとした心がけが重要な予防策になることもあります。普段から以下の予防策を意識しましょう。

定期的なワクチン接種

犬パルボウイルス感染症や犬コロナウイルス感染症などを防ぐために、1年に1~2回など定期的にワクチンを接種しましょう。

特に子犬の頃はウイルスに弱いため、ぜひ積極的にワクチンを接種してください。

食器の衛生に気をつける

犬の食器の放置や使いまわしは、ウイルスや寄生虫に感染する可能性を高めてしまいます。

特に多頭飼いの場合は二次感染を防ぐためにも、食器を常に清潔にするよう意識しましょう。食べ残しや飲み残しも片付けるようにしてください。

過度なストレスを与えない

ストレスを感じると、急性大腸炎を引き起こす可能性があります。大きな声や音でビックリさせないよう心がけたり、たくさん運動させてあげたりしてください。

特に引越しや新しいペットを飼う時など環境が変わる際はストレスを感じやすいので、なるべくこまめに接してあげましょう。

まとめ

犬は比較的血便が出やすいものですが、普段の心がけで予防することも可能です。血便が出た時は、慌てずにワンちゃんが元気かどうかも併せて確認してください。

また血の色が黒い時や血便が何日も治まらない時は、すぐに動物病院を受診しましょう。

関連記事

犬の健康状態をチェックするにはどこを見ればいいの?
年齢に応じて食事を変えよう!犬の健康的な食事方法とは
馬肉ドッグフードは健康的!でもアレルギーを起こすことはあるの?