老犬

元気で長生きしてもらうために。病気のリスクを下げる老犬の健康管理

犬も年齢を重ねるとともに病気のリスクが高まり、様々な不調が出てきます。しかし大切なペットには、できるだけ元気に長生きしてもらいたいですよね。

そこで老犬をなるべく病気から遠ざけ、健康的に過ごしてもらうための健康管理についてご紹介していきます。

6~8歳頃から老化が始まる

まず、犬は何歳頃からシニアと呼べるのでしょうか。これは犬種や体の大きさによって異なります。

人間の場合は65歳以上を高齢者と呼ぶひとつの目安としていますが、犬の場合はおおよそ小型犬や中型犬は8歳から、大型犬は6歳から老齢期と覚えておきましょう。

子犬の頃の成長は小型犬の方が早いのですが、その後は大型犬の方が成長が早く、老犬になる年齢も早いとされています。

犬の場合、成犬になってからは見た目があまり変わらないので、愛犬がシニアに突入していることに気がつきにくいかもしれません。

しかし体の老いは少しずつ健康面に現れてきます。体力が落ちて運動量が減ったり、足腰が弱くなったり。食が細くなったり、夜眠れなくなったり。

筋肉量や消化機能の低下により、失禁や便秘を起こすこともあります。また体温調節が難しくなり、寒さや関節の痛みによる震えを起こすことも。

そして老化を原因とする、がんや心臓病といった病気にかかってしまうこともあります。愛犬の様子がこれまでと違うと感じたら、それは老化現象かもしれません。

老犬の健康管理に大切な6つのポイント

では、年をとってからもなるべく健康的に過ごしてもらうにはどうしたら良いのでしょうか。元気に長生きしてもらうには、日頃の健康管理が大切になります。

老犬に必要な6つの健康管理方法をご紹介しましょう。

1.定期的な健康診断

老犬になると、老化を原因とする様々な疾患にかかりやすくなります。初期には症状が出にくい病気も多いので、元気そうに見えても定期的に健診を受けるようにしましょう。

2.ワクチンの接種

ワクチンの接種によって、重篤な感染症を防ぐことができます。ただ体力的に心配という飼い主さんは、混合ワクチンの場合5種や8種など種類があるので獣医師に相談しましょう。

3.肥満を防ぐ生活習慣、食生活

肥満は心臓に負担をかけて足腰を弱める、あらゆる病気のもとです。高カロリーな食事を抑えて栄養バランスの良い食生活を心がけ、適度な運動を促しましょう。

4.歯石のチェックと除去、予防

犬も歯周病になり、歯が抜けてしまうことがあります。特に小型犬は歯が小さく、歯石がたまりがち。日頃から歯磨きを心がけ、歯石がひどい場合は獣医師に除去してもらいましょう。

5.ストレスを与えない

ストレスは心身の病気のもとであり、老化を進めてしまうこともあります。たとえ失禁しても大声で怒鳴ったりしてはいけません。

おもちゃで遊んだり散歩にでかけたりしてストレスを解消してあげましょう。

6.避妊や去勢手術

避妊・去勢手術は、子犬を増やさないというだけでなく生殖器関連・ホルモン関連の病気の予防になります。

病気のリスクを下げるためにも、獣医師と相談して行うと良いでしょう。

老犬になったら子犬の時とは違う対応を

愛犬が老犬になってしまった時、あるいは今飼っている愛犬が老犬になる未来を見据えて、自分にできることは何かをしっかりと考えましょう。

そのために必要なことは、知識をつけることです。老犬とはどんな状態か、必要なことは何か、獣医師さんと相談しながら探っていきましょう。

老犬を飼う時の代表的な注意点は以下のとおりです。

散歩などの運動のサポート

年をとるとあまり散歩に行きたがらなくなるかもしれません。しかし適度な運動は必要です。

ゆっくりと歩く、足腰に負担の少ない芝生や土の上を歩く、体調によってコースを短くする、カートに乗せるなどサポートしてあげましょう。

あまり歩けないほど足腰が弱っている場合でも、ぜひ抱っこしてお気に入りの場所まで連れていってあげてください。

食事の与え方

食が細くなっても充分な栄養が摂取できるように栄養分の高いフードを与えたり、消化機能が低下していても消化しやすいように柔らかいフードを与えたりと工夫しましょう。

また、脱水にならないよう水分補給も心がけてください。

健康管理

定期的な健診やワクチン接種はもちろん、愛犬が落ち着いてくつろぐことのできる空間づくりも大切です。安心できるハウスを用意してあげるのもひとつの手。

またブラッシングなどで触れ合ったりすると健康状態がわかりやすくなります。

まとめ

愛犬の老化は、飼い主としてはなかなか直視しにくいものかもしれません。しかし大切な家族だからこそ、最後まで健康かつ幸せに暮らしてもらいたいですよね。

そのためにも、飼い主が老犬に関する知識をしっかりと深めておくと良いでしょう。

老犬は太りやすい!食事と運動で無理なくダイエットしよう

人間も一般的に中年以降は脂肪がつきやすくなりますが、犬も老犬になると若い頃より太りやすくなることをご存知ですか?

老犬の場合、一度肥満になってしまうとダイエットはなかなか大変です。食事と運動で、無理なく減量していきましょう。その方法をご紹介します。

老犬の肥満は代謝と筋肉量の低下から

老犬は、若い犬に比べて太りやすいとされています。それは何故でしょうか?いくつか原因があります。

若い犬に比べて代謝が落ちるから

年齢を重ねるにつれて筋肉量が低下し基礎代謝が落ちるため、エネルギーの消費率が低下します。一説によると、老犬の一日の必要カロリーは若い犬に比べて20%も低下するとか。

消費されるカロリーが少ないのに若い頃と同じような食事をしていれば、使われなかったカロリーは脂肪として蓄積されていきます。

運動量が減り脂肪が溜まりやすくなるから

老犬になると、筋肉が減ったり体力が落ちたりして、どうしても運動量が減ってしまいます。若い頃は元気に走り回っていたのに、年を取ったら散歩を嫌がるようになる犬も。

運動不足になると、当然脂肪もどんどん溜まっていきます。また運動不足によって便秘がちになり、余計に体重が増加するワンちゃんもいます。

咀嚼力が弱くなり蓄積されやすいから

年をとると、顎の力が弱くなったり歯が減ったりして「噛む力」が低下します。するとよく咀嚼する前に飲み込んでしまい、次の食事を口に運ぶといういわゆる「早食い」に。

満腹中枢が刺激される前にどんどん食べてしまうので食事量自体も増える上、血糖値が急上昇して太りやすくなります。

犬が肥満になると、大きくなった体の隅々まで血液を送らなくてはならないため心臓に負担がかかり、<<心臓病のリスクが上がってしまいます。>>

また太った体を支えるため肘や膝に負担がかかり、変形性関節症や関節炎の原因に。その他、糖尿病や呼吸器疾患といった病気のリスクも上がります。

肥満の犬は適正体重の犬に比べて寿命が2年以上短くなるというデータもあるので、頑張ってダイエットを行いましょう。

食事と運動で無理なくダイエット!

愛犬のダイエットを実行!と飼い主が意気込んでも、年をとったワンちゃんに急激なダイエットは大変な負担です。

ダイエットの基本は食事と運動。まずは犬種と年齢に合った目標体重を設定し、正しい方法で無理せず穏やかに減量していきましょう。

老犬のダイエットの具体的な方法をご紹介していきます。

摂取カロリーを制限し、食事回数を分ける

ワンちゃんが欲しがるままに食事をあげてしまう方は注意しましょう。犬は人間と違い、適切な量でも10秒程度でパッと食べてしまうもの。常に空腹の方が健康だとも言われています。

「足りないの?」と追加であげたり、ねだられるままにおやつをあげたりしないようにしてください。

一日に必要な食事量をきっちりと決め、食事回数を分けてこまめに与えると良いでしょう。

一回の食事量を減らし、その分食事の回数を多くすることで、空腹を感じる時間が減りワンちゃんのストレスを減らすことができます。

更に食事を食べることでもエネルギーは消費されるので、脂肪が蓄積されにくくなるはずです。

食事内容(ドッグフード)の見直し

食事そのものの見直しも必要です。若い頃に食べていた高カロリーのドッグフードをやめ、低カロリー高タンパクなドッグフードに切り替えましょう。

特に動物性タンパク質は犬にとって重要な栄養素で、筋肉をつくるもととなります。原材料を吟味し、カロリーを抑えつつもしっかり動物性タンパク質が摂れるものを選ぶと良いでしょう。

食事の量を急に減らすとストレスが大きい場合でも、食事内容を変えるだけでダイエットになることもあります。

運動は犬が喜ぶ工夫を

運動はダイエットに効果的ですが、老犬の場合無理は禁物です。急に負荷の大きな運動をさせると返って足腰を痛めたり心臓に負担がかかったりするので、無理のない範囲で行いましょう。

たとえば、散歩の日課があるワンちゃんなら少し距離を伸ばしてみたり、階段や坂道のあるコースにしたりすると効果的です。

散歩を嫌がるようなら、無理強いせずにカートで公園まで連れて行って少し遊ばせたり、家の中でボールやおもちゃで遊んだりしても良いでしょう。

獣医師さんとも相談しながら、適切な方法を探してみてください。

まとめ

肥満は老犬にとって健康を脅かす大きな敵ですが、犬は自分で体重をコントロールすることはできません。

太ってしまったら、飼い主がしっかりとコントロールしてあげましょう。無理のない範囲で、ワンちゃん・飼い主とも楽しくダイエットしてくださいね。

ワンちゃんの老化で食が変化!老犬に適した食事とはどんなもの?

いつも元気だと思っていたワンちゃんも、いつか老いてくる日がやってきます。老犬になると食欲がなくなり、食べる量も減ってくるでしょう。

このようなとき、ワンちゃんにはどんな食事を与えてあげるのがいいでしょうか。ワンちゃんの健康を守るための参考にしてください

老化によって食欲などに変化が出る

犬は人間よりも寿命が短い動物です。だいたい12年~15年程度生きるといわれており、その年齢に近づけばシニア犬として意識を持った方がいいでしょう。

また、犬種によってシニア犬と呼ばれる年齢は異なり、一般的には比較的長生きする小型犬、中型犬は11歳くらい、大型犬は8歳くらいからシニア犬の仲間入りです。

しかし、老いていくスピードは個体差がありますから、自分の愛犬の様子をよく観察し、老化が訪れているかどうかを把握しておきましょう。

ワンちゃんが老化していくと、以下のような変化がみられるようになります。

  1. 動くのが億劫になる
  2. ひげなどに白髪が増える
  3. 音や目の前の動きなどに反応しにくくなる
  4. 寝ている時間が多くなる
  5. 以前好きだった食べ物を食べなくなる
  6. 食欲が落ちる
  7. 固いものが食べられなくなる

など

特に食欲が落ちてあまり食べなくなってしまうと、しっかりと栄養を摂ることができなくなってしまいます。専用の食事に切り替え、少ない食事量で効率よく栄養を摂れるようにしてあげるのがいいでしょう。

老犬の食事で気をつけたいこと

老犬に食事を与えるときには、以下の点に注意が必要です。

カロリーや脂肪を抑える

老犬は、若い頃よりも運動量や代謝量が減っています。そこに若い頃と同じ食事を与えていると、カロリーを消費しきれず太ってしまうのです。太ってしまうと、心臓や呼吸器系、また関節などに負担をかけてしまいます。

また消化機能も弱るため、脂質も消化しにくくなるでしょう。そのため、カロリーや脂肪を抑えた食事を与えるようにしてください。

高タンパクの食事を意識する

老犬になると筋力が低下し、さまざまな動作が鈍ってしまいます。その筋力を保つために、タンパク質は重要な栄養素です。

つまり、老犬になったからこそタンパク質をたくさん与えることが大切なんです。特に質のよい動物性タンパク質を与えるのがオススメです。

食事は食べやすくする

食欲が落ちている老犬は、食べるときの匂いや感触をよくしてあげることで、多く食べるようになることもあります。例えば、以下のようなことを試してみてください。

・温めてみる
温めることで匂いがたち、食欲を増進させる効果があります。

・水分を混ぜてみる
ドライタイプのドッグフードをぬるま湯でふやかしてあげることで消化がよくなりますし、水分補給にもなります。また、肉をゆでた後の汁や缶詰に含まれる汁をドライフードにかけてあげてもいいでしょう。

老犬用ドッグフードを選ぶポイント

体の機能に衰えを見せ始める老犬には、ただ単にシニア犬のドッグフードを与えていればいいというわけでもありません。では、ドッグフード選びで注意したポイントとはどのような点でしょうか。

できるだけ添加物の少ないものを選ぶ

一般的なドッグフードには、防腐剤などの添加物が使われていることもあります。これらの添加物がワンちゃんの健康に害を及ぼす可能性もあるのです。そのため、余計な添加物を使わないものを選んであげましょう。

低カロリーで高タンパクのものを選ぶ

前述したように、老犬に与える食事はカロリーが低く、さらに質のよいタンパク質を多く含んだものが理想です。この条件に当てはまる食材としては、馬肉が挙げられます。

馬肉には脂質が少なく赤身が多いため、カロリーが少なくタンパク質も豊富です。さらに、ビタミンやミネラルもたくさん含まれていますから、老いが見え始めたワンちゃんの健康維持にも役立ってくれるでしょう。

まとめ

愛するワンちゃんには、少しでも長生きしてもらいたいものです。そのためには、体の変化に合わせた健康管理を、飼い主がきちんとやってあげる必要があるのです。

中でも、食事に気を遣うことは大切です。ワンちゃんに老化が見え始めたら、今回紹介したようなポイントを踏まえて食事を切り替えてみましょう。

馬肉を使った無添加のドッグフードをお探しなら、馬肉自然づくりがオススメです!必要な栄養素がたっぷり入った、シニア犬にピッタリのフードですよ♪

商品のお届けについて

必ずお読み下さい

「健康いぬ生活」では、馬肉をメインに日本全国の厳選した原材料を使用しています。ずっと使い続けていただきたい。その一心から少しでも販売価格を抑えるため、少人数で運営しています。そのため、ご注文日から発送まで2~3営業日ほどいただいています。

発送までに2~3営業日かかることをご了承いただける方のみご注文ください。

※営業日とは:土日祝日を除く平日となります

事前に定期便へご注文をいただいているお客様には、指定の日にちにお届けしています。

返品・交換について

商品の返品交換につきましては、下記日程以内にご連絡お願いいたします。
■常温商品・・・到着後8日以内
■クール商品・・・到着後3日以内

  • ・商品の特性上、未開封のものに限ります。事前にスタッフまでご連絡ください。
  • ・お客様のご都合による場合、返送料・手数料はお客様のご負担とさせていただきます。
  • ・配送中の汚損や不良品、ご注文と異なった商品が届いた場合、返送料・手数料は当社が負担いたします。

ご注文方法について

ご注文は24時間受け付けております
このホームページでのご注文、お問い合わせは、年中無休24時間お受けしております。土日祝日または臨時休業日のメールでのお問い合わせ、受注確認は翌営業日となります。

お電話でのご注文について

・通話料無料のフリーダイヤル(下記)をご利用下さい。
・営業時間/午前9:00~午後6:00
・定休日/土日祝日 但し、年始など、臨時休業する場合があります。
TEL 0120-397-111 / FAX 096-223-5135

住所

〒860-0863
熊本県熊本市中央区坪井2-1-42
株式会社利他フーズ 健康いぬ生活事業部

配送について

1配送8,000円以上のお買い上げで送料無料

8,000円(税込)未満の場合は下記となります。

商品 発送方法 送料
常温商品 佐川急便 690円(税込)
冷凍商品 ヤマトクール便 1,100円(税込)

※ゆうパケットでの発送の場合、郵便受けへのお届けとなります。
 お届け日のご指定はできませんので予めご了承ください。
 郵便受けに入らない場合は持ち戻りとなり、不在票が入ります。
 再配達をご依頼の上、手渡しにてお受け取りください。

※沖縄・離島のお客様は別途「通常送料+660円(税込)」頂いております。
          

※お客様が 北海道から九州まで幅広くいらっしゃるためお届け期間を少しでも短縮できるように、熊本県で製造した商品を一括して関東に集約し、倉庫を借り受けて発送業務を行っております。
配送日数の短縮や、送料のご負担軽減のためとご理解いただけますと幸いでございます。

お支払い方法について

クレジットカード決済

利用できるカード会社
VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERSのカードがご利用可能です。
弊社ではSSLというシステムを利用しておりますので、カード番号は暗号化されて送信されます。ご安心下さい。

代金引換

商品到着時に配送業者の方へ現金にてお支払いください。
代引手数料390円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物で代引手数料無料

NP後払い決済

NP後払い手数料210円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物でNP後払い手数料無料

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で後払いできる安心・簡単な決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願います。

ご注意

後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で54,000円(税込)迄となります。

TOP