餌を食べてしまった犬

犬用の馬肉は無添加のものが多いです。しかし、ドッグフードには添加物が多く含まれているものも多く、アレルギーなどの原因になることも。添加物とはなにか? また、添加物が犬に与える悪影響について紹介します。

馬肉ドッグフードの多くは無添加

近年の健康ブームで、人間が口にする食材も無添加を選ぶほうが良い、といわれるようになりました。ドッグフードも同じで、犬に食べさせる食材も無添加がおすすめです。

その点、ドッグフードに良いといわれている馬肉は、ほとんどが無添加。これは、そもそも馬肉ドッグフードが、低価格で売ることを目的とせずに、真剣に犬の健康を最優先に考えて作られているためです。

無添加で作られているほか、馬肉の品質や鮮度、その他の食品との配合、衛生管理などさまざまな点に配慮し、犬の健康を考えて安全性の高いものが作られています。

もともと馬は敏感な動物で、添加物の多い飼料を受け付けにくく、馬肉自体の安全性も高いので安全な食材として注目されてきました。低カロリーで高タンパク、さらに無添加の馬肉は、犬の健康をキープしてくれる食材ということですね。

ドッグフードに使われている添加物

添加物という言葉はよく耳にすると思いますが、実際にはどのような添加物が含まれているのでしょうか?

そのひとつが酸化防止剤です。ドッグフードの酸化やカビを防ぎ、長持ちさせる役割があります。特に注意したい酸化防止剤をまとめてみました。

エトキシキン

日本では使用が認められたことのない、非常に強い抗酸化作用を持ちます。防腐力が強く安いため、海外のドッグフードで使われていることが多いです。

BHT

別名ジブチルヒドロキシトルエンと呼ばれ、石油用の酸化防止剤として使われています。

添加物の一種である着色料にも注意が必要です。色を鮮やかにして、美味しく見せる着色料には次のようなものがあります。

赤色40号

タール色素に分類される合成着色料です。日本では清涼飲料水やガム、キャンディなどにも使用されています。

青色2号

別名インジゴカルビンと呼ばれ、タール色素に分類される合成着色料です。アイスクリームや和菓子などに使用されています。

ドッグフードの食いつきをよくするために使用される甘味料も添加物です。

キシリトール

人間では問題のないキシリトールは、犬には絶対与えてはいけない食材とされています。

ビートパルプ

ドッグフードにもよく使用されている添加物です。抽出方法によっては、硫酸系の薬品が残留している可能性があるといわれています。

添加物は健康に悪影響?

添加物は人間にも犬にとってもよくないもの、といわれていますが、その理由はいろいろあります。添加物は健康を損なう原因となるのです。

酸化防止剤や着色料、甘味料などの添加物を過剰に摂取すると、皮膚炎などのアレルギー、膀胱がんや甲状腺がん、肝臓や腎臓の機能低下、けいれん、便秘などの症状を起こすリスクがあります。たとえば、キシリトールは少量であっても、血糖値が低下し、嘔吐や歩行困難、腎不全などの危険性があるのです。

市販されているドッグフードには、体に悪影響を与える添加物が配合されている可能性も否定できません。一方で、馬肉ドッグフードを取り扱っているお店は、犬の健康を考えて安心な馬肉を使っています。

馬肉ドッグフードも防腐剤、着色料、香料などの添加物を一切使用していないというものも多いです。犬の健康を考えるなら、安全で安心な馬肉ドッグフードがおすすめです。

添加物を過剰に摂取するとアレルギーや腎臓疾患、嘔吐や下痢などさまざまな症状の原因になります。犬の健康を考えるのであれば、無添加など安心できるものを選んであげましょう。

「馬肉自然づくり」は無添加なのはもちろん、栄養バランスにもこだわって作られています。お客様からも「ワンちゃんの食いつきが良くなった」などの嬉しい声をいただいています。

関連記事

犬は馬肉でアレルギーにならない?安全性と移行のコツを紹介
犬用の馬肉を安全に!良質な馬肉を選ぶポイントとは?