威嚇する犬

毎日のワンちゃんの食事は人間の食費同様、それなりにお金がかかってしまいますよね。

健康志向のドッグフードを購入したり、ワンちゃんの好みにとことん合わせようとしたりすると、余計に費用がかかってしまい、家計を圧迫してしまうこともあるかもしれません。

しかしだからといって、激安価格で売られているドッグフードをワンちゃんにあげるのはリスクがあります。値段と質を比較しながら見極めて買いたいものですよね。

ここでは激安ドッグフードのリスクや、ドッグフードの価格面での選び方をご紹介します。

100円程度のドッグフードも

現在販売されているドッグフードは、質や種類だけでなく、値段も幅広いものが販売されています。

いわゆる激安といわれるドッグフードであれば、たとえば初回購入は100円というものもありますし、さらに缶詰であれば100円未満のものもあるのです。

一方で高いドッグフードがいくらくらいかかるかというと、たとえば馬肉ドッグフードなどは、800グラムから1キログラムで安くても1300円前後と少し高額です。またそれよりさらに高額の商品ももちろんあります。

激安のものであれば1.3キロで300円ほどのものもあるので、値段が4倍ほど違うことになりますね。

ここまで違うと、いったいどこがどんな風に違っているのかが気になるところでしょう。

4Dミートは要注意!

たとえば少し高価なドッグフードは、どこに金額がかかっているかはそれなりに分かります。

先ほど例に挙げた馬肉のドッグフードは、精肉店や馬刺し専門店などから取り寄せた、人間が食べられる馬肉を使用していたり、あるいは衛生基準を厳格にしていたりと、ワンちゃんの健康面をとことん考えて作られていることが多いです。

それに比べて激安のものは、健康への配慮が足りていないものが多いとされています。

たとえばドッグフード自体が粗悪な作り方の可能性もありますし、大量の添加物で味を調えている可能性もあります

ドッグフードを選ぶときは、「4D」に注意するべきとよくいわれています。4Dとは「4Dミート」のことで、「Dead Dying Disabled Diseased」を意味する4つの肉を指しています。

普段人間は食べられないような、「死んだ、死にかけていた、障害がある、病気を持つ」動物の肉を使用しているということです。

通常、人間が口に入れる食品では使用できませんが、 激安なドッグフードや家畜のえさとなって市場に出回ることになります

こういったドッグフードは確実に安全とはいえず、ワンちゃんの体に害を及ぼしてしまうことも可能性も十分に考えられます

価格は選ぶ時の要素のひとつとして

激安なドッグフードは、価格だけ見ると、とても魅力的に思えます。

ワンちゃんの食事は毎日あげるものですし、コストを下げられればその分ワンちゃんと出かけたり、遊んだりすることにまわせることもあるでしょう。

しかしながら、安すぎるのには必ず理由があります。それがワンちゃんの健康を害してしまうようなものであればどうでしょうか。

怪しい食材が使われていたり、過剰な添加物が入っていたりすれば、結果下痢や嘔吐を引き起こしてしまうかもしれません。

ドッグフードを選ぶとき価格を見ることは大切ですが、「安いから」という理由だけで安易に激安ドッグフードに飛びつかないようにしましょう。

まとめ

ドッグフードを選ぶ基準は、栄養面やワンちゃんに合っているかどうかの他に、価格面を考えなければなりません。

毎日の食事ですから、高価すぎるものばかりでは気後れしてしまいますよね。しかしだからといって、激安ドッグフードに頼ろうとするのは少々危険です。

添加物や肉でどんなものが入っているかなどをきちんと確かめて、価格と内容のバランスを考えながら選びましょう

きちんとワンちゃんの体のことを考えたドッグフードを、できるだけ安く購入したいなら、「馬肉自然づくり」がおすすめです!

使用している食材は、100%人間が食べられるもののみで、もちろん添加物も不使用!

さらに、「できるだけ多くのワンちゃんに食べてもらいたい」という思いから、人間用の馬刺しの切れ端や、形の悪いものを使用することで、価格も安く抑えました。

大切なワンちゃんにずっと健康でいてほしい飼い主さんは、ぜひ一度試してみてください。

関連記事

年齢に応じて食事を変えよう!犬の健康的な食事方法とは
太り過ぎに要注意!犬にもダイエット食をあげよう
国産ドッグフードは危険?「優良」を選ぶおすすめの方法を紹介