馬肉ドッグフードというものをご存知でしょうか? 近年注目されているもののひとつで、評判が良いドッグフードです。一般的なドッグフードとの違いを比較しながら、馬肉ドッグフードについて見ていきましょう。

ドッグフードは2種類に分かれます

ドッグフードには大きく分けてウェットフードドライフードがあります。ウェットフードは水分を多く含んでおり、素材の味や風味が活かされているため、犬の食いつきが良いのが特長です。

しかし、ドライフードと比較すると、栄養バランスに欠ける点があり、価格も高め。噛み応えもないので、ドライフードのような、歯磨き効果は期待できません。そのため、歯石や歯周病のリスクには気をつけることが大切です。

ドライフードは価格も安く、長期保存できるのがメリットです。ドライフードは硬さがあるので、犬のアゴが鍛えられて歯石の除去効果も期待できます。ただし、年を取った犬はアゴの力が弱くなってしまうので、ドライフードは向いていない場合も。また、ドライフードは水分が少ないので、一緒に水分をあげることを忘れないようにしましょう。

ウェットフードにもドライフードにもメリットとデメリットがあるため、ワンちゃんに合ったものを選ぶことが大切です。

馬肉ドッグフードは栄養が豊富

馬肉ドッグフードは、原材料に馬の肉を使用しています。馬肉のメリットは高タンパクであり、低脂肪・低カロリーな点。牛や豚の2倍以上のタンパク質が摂取できます。犬にとってタンパク質は、欠かせないものなので見逃せないポイントです。

また、良質な馬肉は消化吸収もスムーズ。さらにカロリーは豚の半分程度、脂肪分も牛の約1/5と、ダイエット中の犬にもおすすめなんです。

馬肉のメリットはこれだけではありません。カルシウムは牛や豚の3~4倍、ビタミンB12は牛の6倍、鉄分は3~4倍で吸収率の高いヘム鉄が豊富、などなど。さらにグリコーゲンや必須脂肪酸といった栄養素も特徴的です。

馬肉を使ったドッグフードには干し肉やミンチなど、馬肉のみを原材料にしているものと、従来のドッグフードのようにさまざまな食材をミックスしたものがあります。

栄養バランスを考えると、馬肉のみを使用しているドッグフードがおすすめ。馬肉ドッグフードは、普通のドッグフードと比較すると高価な場合が多いですが、その分原材料や無添加にこだわっています。

犬の健康を考えてドッグフードを選ぼう

普通のドッグフードと馬肉ドッグフードの最大の違いは、馬肉が入っているかいないか、という点。先ほど紹介したように馬肉には多くのメリットがあります。また近年では、栄養豊富で低カロリーというだけではなく、犬の体のこと真剣に考えて作られたものも。

「馬肉自然づくり」では、人間が食べても問題ない馬肉を使っています。製造過程において、人間が食べて製品チェックをするほどのこだわり。「馬肉自然づくり」に使用されている馬肉は、人間用にさばいた馬刺しの端材を使っているため、鮮度が良いのも特徴です。

人間用にさばいた馬刺しということからもわかるとおり、行われる検査はレベルが高く厳しいもの。全国でもわずかしか認められていない高い衛生管理水準の、熊本中央食肉センターを通過した馬肉を使用しています。衛生管理も徹底して行っているため、ワンちゃんにも安心して食べさせることができるのです。

このように、犬の健康に対して、こだわり、真剣に考えて作られている馬肉ドッグフード。大切なワンちゃんの健康のためにも試してみてはいかがでしょうか。

実際に「馬肉自然づくり」を食べるようになってから元気になった、という嬉しい声もお客様からいただいています。

関連記事

カロリーを気にしていますか?犬におすすめのダイエットフードとは
アレルギーで命を落とすことも!馬肉ドッグフードなら安心のワケ
涙やけの原因は食生活?ドッグフードを改善すれば涙やけは治るの?