太ったパグ
人間に生活習慣病があるように、犬もまた、太っていると病気になりやすい性質を持っています。 病気から遠ざけ元気でいてもらうためにも、ワンちゃんの体重管理や健康管理に気を配ることは必須。 与えるフードが原因で肥満、病気担ってしまうこともあるので、普段の生活にも注意が必要です。 太るとどんな病気になるのか?予防するにはどうしたらいいのか?太ったワンちゃんの病気と対策を解説します。

太った犬がかかりやすい病気とは

ワンちゃんが太ったとき、どのような症状を引き起こすのでしょうか。ここではいくつか代表的な病気を紹介します。 まず、脂肪が増えると、必然的に体内に流れる血液が多くなってしまい、心疾患などの病気を引き起こすことがあります。 また、負担がかかるのは心臓だけでなく、肝臓にも負担がかかり、肝疾患になることも。 そのほか、人間と同じように、高血圧や糖尿病に悩まされるようになることも珍しくはありません。そう、犬も人間のように、生活習慣病にかかってしまうのですこれらの病気はワンちゃんの健康を損ね、寿命を短くしてしまいます。特に糖尿病は一度かかると治りにくく、長生きするのは難しいといわれているのです。 さらに、ワンちゃんは人間に比べて体が小さいですから、負荷がかかる割合も大きくなります。 また、人間のように不安や病状を訴えることが難しく、飼い主が異常に気付いて揚げなければなりません。 たとえば糖尿病であれば、いつもより異常に水を飲むといった症状が挙げられます。 ほかには、肥満になることで体が重くなり、関節や骨に負担がかかりすぎるということがあります ひざが悪くなって動けなくなったり、脱臼してしまったりと、最悪動けなくなる事態にも。 また、足腰だけではなく、背骨が変形してしまうなどといった症状も起きます。肥満はじつにさまざまな病気を引き起こし、ワンちゃんの健康を簡単に損ねてしまうのです

病気から守るために飼い主ができること

前述したような恐ろしい病気からワンちゃんを守るためには、飼い主が日々の生活に気をつけてあげる必要があります。 一番注目しておきたいのは、毎日の食事内容です。犬が毎日食べる食事には、太る要因が多く隠されています。 高カロリーだったり、添加物が多かったりと、ワンちゃんに余分な負担をかけていませんか? 食事はカロリーを調整して、なおかつ高たんぱく質のものを与えてあげることが大切です。あまりに低カロリーだとその他の栄養も乏しくなってしまうので、適正の範囲内に収まるようきちんと軽量して与えるようにしましょう。そして、おやつが意外にも肥満の原因になっていることが多いので、おやつを見直すことも重要です。 それだけではなく、食事と同じくらい気をつけたいのが、日々の運動です。 きつい運動をこなす必要はありませんが、適度に散歩をしたり、一緒に遊んであげたりすることはダイエットとしてもコミュニケーションをとるうえでも重要なことです。 毎日の運動の質や量を一度、見直してみるとよいかもしれません。 また、自分でできることだけをするのではなく、ときにはプロの相談を仰ぎましょう。 定期検診に行ったり、獣医さんに適切な食事やおすすめの運動を聞いたりして、見識を深めることも大切です。 プロのほうがよく知っているのは当然のこと、自分が何も知らないからといって恥じる必要はありません。 むしろ、病院で相談したことで結果病気が見つかることもあるでしょう。まわりの人たちの力を借りながら、ワンちゃんの健康生活の水準を高めてあげてくださいね。

まとめ

ワンちゃんの肥満が引き起こしてしまう病気は、決して気軽に扱えるものではありません。 ワンちゃんの寿命を短くしてしまったり、体を動けなくしてしまったりすることがあるものです。 できることならそんなことにならないよう、日頃から生活に気をつけてあげたいところです。 毎日の生活を見直し、定期的に病院で診てもらいながら、できるだけ太らないように見守ってあげましょう。

関連記事

強いかゆみに注意!犬のアレルギーの代表的な症状と原因とは? 愛犬の血便を見ても慌てない!犬の血便の原因と日頃の予防策 無添加の馬肉ドッグフードがおススメ!添加物の怖さを知る