いつも一緒にいてくれる愛犬には、ずっと元気でいてもらいたいですよね。愛犬の健康を守ることができるのは飼い主だけですから、日ごろから健康チェックを欠かさないことが大切です。

こちらでは、毎日できる犬の健康チェックポイントを紹介しています。

身体のチェックポイント

犬の体を細かくチェックすることで、健康状態がわかります。それぞれ部位別に見ていきましょう。

・目

目に関しては、目ヤニや涙が出ていない、目の色が澄んでいる、腫れがないといった状態なら健康です。もし目ヤニや涙がたくさん出る、かゆそうにしている、目が充血しているというときは、結膜炎細菌感染の可能性があります。

また、目の大きさが左右で違っていたり、目が濁っていたりしているなどの場合は、緑内障白内障かもしれません。特に目が腫れている、瞬きをたくさんするという症状が出たらすぐに治療が必要です。

・耳

耳は健康なら臭いもあまりなく、かゆみや腫れも見られない状態です。耳から臭いがする、耳をかゆそうにする、色のついた耳アカがたくさん出る、首をずっとかしげているなどの症状がある場合、細菌感染やアレルギーなどによる外耳炎耳ダニの可能性があります。進行すると中耳炎・内耳炎に発展し、聴力障害を引き起こすこともあります。

・口

口は多少の臭いはあるものですが、不快でない程度であれば問題ありません。歯肉や舌はピンクの状態なら健康です。口から強い臭いがする、歯肉が赤く腫れているといった場合、歯周病歯肉炎かもしれません。口からの臭いが強く、水をたくさん飲む場合は内臓系の病気が隠れていることもあります。

また、よだれをたくさんたらしているときは、口内炎や扁桃腺の腫れなど痛みを感じていることが多いです。食べ物を飲み込めないなどといったときは、口の中や喉の炎症だけではなく、食べ物ではないものを誤飲してしまった可能性もあります。そのほか、感染症によってよだれが出ることも考えられるでしょう。

さらに、舌や歯肉の色が青白いときは呼吸器系や心臓に障害があって、血液循環がうまくいっていない可能性があり、危険です。

・皮膚、毛

毛に適度なツヤがあり、皮膚の色が赤や紫、黄色になっていないようなら正常です。よくかきむしっていたり、毛に黒い粒のようなものがついていたりする場合、ノミやダニが寄生している可能性が高いです。また掻いたところが炎症を起こしている、毛が抜けているといったときは、細菌や寄生虫の感染、アレルギーによる皮膚炎や深刻な皮膚病かもしれません。

毛がベタベタしていたり、フケがたくさん出ていたりするなら、脂漏性皮膚炎が考えられます。また、かゆそうではないのに左右対称に脱毛が見られるような場合、ホルモン分泌の異常が起きていることもあります。

さらに皮膚にあざのようなものができていたら、打ち身のほかに血液凝固がうまくできない病気かもしれません。また、皮膚や白目が黄色い状態は、黄疸が出ていると見られますから、早急な処置が必要です。

行動のチェックポイント

では次に、犬の普段の行動で健康チェックをしてみましょう。

・水を飲む量は適切か

水をたくさん飲むようなことがあれば、内臓の病気かもしれません。見過ごしやすいですが、毎日チェックしましょう。

・食欲はあるか

犬がたくさん食べることは健康の証拠です。もし食欲が落ちていることがあれば、口の中や歯に問題があったり、体調が悪かったりしているというサインです。

・呼吸の乱れはないか

呼吸の仕方については、毎日の呼吸数をチェックしておくと異常が現れたときにわかりやすくなります。普段の呼吸よりも多かったり乱れがあったりしたときは、要注意です。ただし、暑さや運動量などによって変わってきますから、こまめなチェックがおすすめです。

・うんちは出ているか、下痢はしていないか

うんちが出にくかったり硬かったりする場合は、内臓の病気やストレスなどが考えられます。逆に下痢をしているときは、寄生虫や感染症などの可能性があります。血便が出ていないかどうかもチェックしましょう。

・歩き方に不自然な点はないか

足を踏みしめるのを嫌がったり、歩き方がおかしかったりする場合には、骨折などのけがや関節の異常があるかもしれません。指の間に異物がないかも見ておきましょう。

いつまでも愛犬に元気に長生きしてもらうためには、飼い主の気づきや毎日の健康チェックは欠かせません。愛犬の状態を毎日よく観察して、健康な状態を維持してあげましょう。

関連記事

愛犬の血便を見ても慌てない!犬の血便の原因と日頃の予防策
あなたのワンちゃんも便秘かも!犬が便秘になる原因と対処法とは?
涙やけの原因は食生活?ドッグフードを改善すれば涙やけは治るの?