犬は太ってしまうと、人間以上にさまざまなリスクが高くなってしまいます。ワンちゃんの大切な命を守り抜くためにも、肥満を避けたダイエット食を意識しましょう。

食生活の改善でダイエットをさせてあげるときのポイントや注意点をご紹介します。具体的な方法にも触れるので、ぜひ参考にしてみてください。

我慢させるのも愛情のひとつ

愛犬がおいしそうにご飯を食べているところをみると、ついつい好きなだけ与えたくなってしまいますよね。しかし、それでワンちゃんの欲は満たせても、結果としてワンちゃんの健康を損ねたり、胃に負担をかけてしまったりすることがあります。

我慢させたくないと思うかもしれませんが、ワンちゃんの健康を思ってぐっとこらえましょう。

ふだんの食生活を見直してみることは、犬を健康な体へ導くための重要なポイントになります。たとえば、毎日の食事の分量を決めていますか?

毎日適当な分量を与えていると、犬がどれくらいカロリーを摂取したかがわからず、いつのまにか太ってしまう原因に。だいたいでもいいので、一日に与える分量を決めましょう。

それでもおそらく、足りないなと感じておねだりしてくることがあるかもしれません。ついついあげたくなってしまいますが、規定量を超える場合はぐっと我慢しましょう。

これもワンちゃんの健康のためです。我慢させるのも愛情だと思って、根気よく対応してあげてください。

また、食事以外ではおやつの分量も見直してみましょう。適度なおやつはもちろん犬にとっても大切ですが、おやつばかり食べさせていると、どうしても太りやすくなってしまいます。こちらもある程度分量を決めてあげるのがよいでしょう。

ただ量を減らすだけではダメ

犬のダイエット食を考えるにあたって、たしかに食事を減らすことは重要です。しかしながら、急にドッグフードの分量を減らしてしまったら、ワンちゃんはどう思うでしょうか。いきなり量が減って、悲しくなったり怒ったりしてしまうかもしれません。

そう、ただやみくもに減らすのではなく、ワンちゃんがストレスなく分量を減らせるように、工夫をする必要があるのです

たとえば、分量を減らすのではなく、カロリーを減らすという考え方にしてみるとよいでしょう。低カロリーの食事でカサ増しをして、食欲を満たしてあげるようにすると、ワンちゃんも気にせず食べることができます。

また、食欲を満たすという点では、小分けにして回数を増やすのもおすすめです。一回の食事量が減ったとしても、その分回数が増えればワンちゃんのストレスも軽減されます。

これ以外では、ドッグフード自体を見直すことがあげられます。高カロリーで不摂生な食事になってはいないでしょうか? 低カロリー、高たんぱく質のドッグフードを選ぶのがおすすめです。

フード以外では、食事の仕方に気をつけてあげると、ワンちゃんがストレスなくダイエット食を食べることができます。

たとえば、食事だけの時間をきっちり設けるのではなく、遊びの延長戦としてフードを与えるというやり方があります。ゲームをして、うまくできたらフードをごほうびがわりにしてあげてみてはいかがでしょうか

楽しみながらご飯を食べられますし、ご飯=当然もらえるものではなく、ごほうびとしてもらえるものと考え方を変えられるとワンちゃんのストレスも減ります。

犬の食生活は、人間以上に気を遣う必要があります。しかしながら極端に厳しい制限をしては、ワンちゃんはもちろん、飼い主の負担も大きくなりかねません。ダイエットは長期的に取り組むことが多いので、より楽しくワンちゃんがストレスにならない方法を探すようにしてみてくださいね。

関連記事

犬の健康を考えた食事にしよう!馬肉ドッグフードがおすすめの理由とは?
犬にもダイエットが必要?適したフードの選び方
ドッグフードを手作りしよう!注意しておくべきポイントとは?