アレルギー

馬肉ドッグフードは健康的!でもアレルギーを起こすことはあるの?

栄養価、衛生面でとても評価が高い馬肉ドッグフード。ワンちゃんの健康を思うとぜひ食べてもらいたいところですが、気になるのは、本当に「ワンちゃんの体にいいことばかりなの?」というところではないでしょうか。

たとえば体に異変が起こりやすいワンちゃんであれば、馬肉ドッグフードを食べてアレルギーになるかも、と心配になってしまいますよね。ここでは馬肉ドッグフードのアレルギーになる可能性について解説します。

犬のアレルギー症状は2種類

人間同様、犬にもアレルギー症状はあります。人間のアレルギーは本当にさまざまな反応を指しますが、わかりやすいのはアトピーやじんましん、ぜんそくといったところでしょうか。軽症のものでいえば、花粉症などもあてはまりますね。

アレルギーとは、簡単に言えば「何かに対する過剰反応」のことです。では犬のアレルギー症状とはどんなものでしょうか。

犬には人間ほど種類があるわけではなく、大きく2つに分けられるといわれています。それが「アトピー性皮膚炎」「食物アレルギー」の2つです。

どちらもワンちゃんの体に異常を起こしてしまうのですが、具体的には身体をかいたり、抜け毛がひどくなったり、耳の内側や口の周りが赤くなったりといった症状が現れます。ひどい場合には下痢や嘔吐などを引き起こすこともあります。

アレルギーの原因は人間と同じ?

犬の「アトピー性皮膚炎」や「食物アレルギー」を起こす原因とはいったいどんなものなのでしょうか。これはほとんど、人間と変わらないといえるのかもしれません。

たとえばまわりの空気、ほこりやハウスダストなどが原因であることも珍しくはありません。

それ以外に注意しておきたいのが、普段食べている食事です。人も犬も食べたもので身体ができるのは同じこと。犬であればドッグフードに入っている添加物などが原因として考えられますね。

また牛肉、乳製品、小麦などはアレルギー反応を起こしやすい食材です。特に穀類はアレルギーになりやすいうえ、安価なドッグフードには多く使われていることがあります。

犬の体は穀類を消化しにくい性質もあるため、余計に体に負担をかけているのかもしれません。最近では穀物不使用をかかげたドッグフードもよく販売されていますね。

アレルギーの原因はさまざまにあり、どこに反応するかは犬によって変わるというわけです。

馬肉はアレルギーになりにくい

アレルギーの原因は犬によってさまざまです。では馬肉ドッグフードはどうでしょうか。

牛肉や豚肉などはアレルギーを起こす可能性が十分にありますが、馬肉はほかの食材に比べてアレルギーを起こす可能性が低いとされています。

また、馬肉ドッグフードは、馬肉以外の食材でもアレルギーに配慮していることが多く、アレルギーに対する安全性がとても高いんです。

つまり、アレルギーが気になるというワンちゃんにもおすすめしたいドッグフードなんですよ!

また、低カロリーであるにもかかわらず栄養満点! そしてうまみ成分がたっぷり入っているので、ワンちゃんの食いつきも良くなります。

健康状態が良くなりやすいので、アレルギーに対する抵抗力も高まりますよ!

まとめ

犬にとっても人間にとっても、アレルギー発症による体調の変化は危険なもの。できるだけ避けられるようにしたいところです。

現在販売されているドッグフードでもアレルギーが起こらないように工夫されたものが多数販売されていますが、なかでも馬肉のドッグフードは原因になる可能性が低く、アレルギー対策の食品としても優れています。

もちろん馬肉自然づくりも、アレルギーの原因はできるだけカットしています!

アレルギーの原因になりやすい小麦ではなく、大麦やハト麦、玄米などを使用。その他にもたくさんの食材を使っていますが、添加物、防腐剤、着色料、香料などは一切使用していません!

おいしくて体にもやさしい馬肉自然づくり。ぜひワンちゃんに食べさせて上げてくださいね!

関連記事

アレルギーで命を落とすことも!馬肉ドッグフードなら安心のワケ
どう選ぶ?犬に安全なドッグフードの選び方

アレルギーで命を落とすことも!馬肉ドッグフードなら安心のワケ

体や顔の痒みや、下痢、嘔吐などの症状を引き起こすアレルギー。実は食べ物が原因の場合もあるため、ドッグフードにも注意が必要です。アレルギーの知識とドッグフードの安全性について紹介します。

ドッグフードがアレルギーを起こす?

アレルギーとは特定の成分に対して体が過剰反応を起こすことです。ダニや花粉、食物たんぱくなどの物質に対する抗体ができ、それが蓄積されて増えると、アレルゲンであるその物質に対して過剰に反応しアレルギー反応を起こします。

さらにアレルギー体質とともに、さまざまな環境因子が作用し、アレルギーが起こると考えられています。しかし、発症するメカニズムはしっかりと解明されているわけではありません。

なにがアレルゲンとなるのか、どういったアレルギー症状が起こるかは、さまざまです。アレルギーになりやすい食品はある程度決まっているので、それらを避けることがアレルギー対策になります。

ドッグフードを選ぶときは、食材だけではなく、食材が育てられた環境や与えられている飼料などに、アレルゲンとなる物質が入っていないか、化学肥料や農薬などが使用されていないか、といった点にも注意しましょう。

犬のアレルギーの症状

犬のアレルギーの症状で多いのは、皮膚疾患です。痒みや、フケ、抜け毛が出てきます。目や鼻の炎症を起こしたり、目やにが多く出たり、結膜炎などを引き起こすことも。長く続くことで、脂漏症などに発展してしまうこともあります。

また、ハウスダストや花粉が原因の場合は、鼻水やくしゃみなどのほか、下痢や嘔吐を引き起こすこともあるので注意しましょう。ただし、多くの場合は食べ物が原因でアレルギー症状を引き起こすと考えられています。

食べ物によるアレルギーでは、外耳炎を繰り返す、1歳未満の犬なのに皮膚疾患が重い、脱毛している、ひっかき傷が多い、下痢が嘔吐を起こす、常にかゆがっている、といった症状が目立ちます。耳の付け根や口の周り、足の裏側、肉球の間なども痒くなるので、執拗になめていることも多いです。

アレルギーによってはアナフィラキシーという深刻な症状が起こり、最悪の場合は命を落とす危険性もあります。

アレルギーの心配が少ない馬肉ドッグフード

アレルゲンとなりやすいのは、添加物、牛肉、小麦、乳製品など、概ね人間と同じものです。これらの食材はよくドッグフードに使用されているもの。さらにラム肉や豚肉などもアレルゲンとなりやすい食材といわれています。

ほとんどの犬が、このなかのどれかひとつに対してアレルギーを起こすのではなく、複数の食材に対してアレルギーを引き起こすとされています。

どの食材がアレルゲンとなっているかを見極めるのは難しいことです。また、食材だけではなく、ドッグフードが作られる製造工程の中でアレルゲンになるものが混入されている、防腐剤が残留している、などといったことでアレルギーが起こることも。

そういった不安を解消してくれるのが馬肉ドッグフード。馬肉はもともとアレルギーが出にくい食品であり、アレルギーを持つ犬に対する安全性も高いです。

なかでも「馬肉自然づくり」は小麦を大麦に変えるなど、アレルギーに配慮して作っています。人間用として認められている馬刺しを主な原料としているのも、安心して愛犬に与えられる理由です。

痒みや下痢、嘔吐などアレルギー症状はつらいものです。原因は食材にあることも多く、食材を見直すことが大事です。アレルギーを起こしやすい犬には、もともとアレルギーを起こしにくい、低アレルギーの馬肉ドッグフードがおすすめです。

「馬肉自然づくり」を作っている工場は徹底した衛生管理を行っているのも安心できる理由。ワンちゃんのためにも健康に配慮したドッグフードを選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

通常のドッグフードとは違う?馬肉ドッグフードがおススメの理由
ドッグフードでワンちゃんの食いつきが変わる?評判の良い悪いからわかる違い

強いかゆみに注意!犬のアレルギーの代表的な症状と原因とは?

犬にもアレルギーがあることをご存知ですか?もともとの体質によるものだったり、環境的な要因で引き起こされたりと様々な要因があります。

人間もアレルギーは辛いものですが、ワンちゃんの場合はどんな症状が出るのでしょうか。代表的なものをご紹介していきます。

犬のアレルギーは主に皮膚に症状が表れる

人間も犬もアレルギーのメカニズムは同じですが、犬の場合は皮膚のバリア機能が低下しやすいため、アレルギーを発症すると主に皮膚にその症状が出てきます。

以下の症状がワンちゃんに現れたら、アレルギーを疑ってみましょう。

・湿疹や赤み

背中やおなか、顔などに小さな発疹が見られます。特に食べ物が原因の時は、全身にじんましんが広がるのが特徴です。

また目の周りや口の周り、足の付け根などの皮膚が赤くなり、結膜炎を起こすこともあります。

・強いかゆみの症状
おなかを執拗に床に擦りつけたり、同じ場所をかきむしったりと、全身にかゆみの症状が見られます。

足の裏や指の間なども炎症を起こすため、ずっと舐めたり噛んだりしていることも。そのため毛が抜けてきたり、フケが出やすくなったりします。

・耳が赤く腫れる、強く痒がる

耳はアレルギーの症状が出やすい部位です。耳の内側が真っ赤になったり、腫れたり、異常にかきむしっている場合はアレルギーを疑いましょう。

体内への症状について

皮膚だけでなく、体内にも症状が出る場合があります。特に食事によるアレルギーは全身に症状が出ることがほとんど。

全身症状が出るということは、内臓にもダメージがあるということです。たとえば気管支が炎症を起こせば喘息になりますし、鼻の粘膜が炎症を起こせば鼻炎にもなります。

以下のような症状は一見気づきにくいですが、アレルギーからくる症状の可能性があります。

・下痢や軟便が続くことがある

腸の粘膜が炎症を起こし、おなかがゆるくなっている状態です。消化がうまくいかず、薬の効きにくいしつこい下痢になります。

慢性的な下痢や軟便は体質ではなくアレルギーの症状かもしれません。

・食事を摂らない、極端に量が減る

腸炎や鼻炎が続くと、食欲が落ちたりおなかが痛くなったりしてあまり食事を摂らなくなることがあります。場合によっては嘔吐を伴うこともあります。

犬のアレルギーは原因を突き止めることが大切

アレルギーとはそもそも、外部から侵入してきた異物に対して体の免疫機能が過剰に反応することで起こります。その特定の異物が「アレルゲン」。

免疫機能が過剰反応する原因としては、遺伝や環境的な要因など様々な要素が考えられますが、まずは何に対してアレルギー反応を起こしているのかを突き止めることが大切です。

犬がアレルギー症状を起こしやすい、主なアレルゲンについてご紹介しましょう。

・フードの成分によるもの

ドッグフードに多く使われる成分でアレルギーを起こしやすいものは、牛肉や子羊肉、鶏肉、卵、大豆、小麦、トウモロコシ、乳製品、そして食品添加物や人工着色料などが挙げられます。

特に品質の悪い原材料を使っているフードは要注意。品質の良いものなら問題なくても、品質が悪いものを食べたら突然症状が現れることもあります。

・寄生虫やダニ、カビによるもの

ノミやダニといった外部寄生虫に噛みつかれた際にその唾液が体内に入ったり、寄生虫の死骸や糞が体内に入ったりすることでアレルギーが起こることがあります。

またカビなどの細菌に感染することでも起こります。駆虫薬や抗真菌剤などの投与が必要です。

・生まれ持った免疫力によるもの

遺伝的な要因によって免疫機能をコントロールすることができず、食べ物や花粉・ハウスダストなどに過剰反応してしまう犬もいます。

同じものを食べていてもアレルギーを起こす犬と起こさない犬がいるのはこのためです。またストレスによって免疫力が落ちてしまうこともあります。

アレルギーを起こす原因を特定するためには、基本的に獣医師による検査が必要です。またアレルギーを起こさないようにするためにも、健康的で品質の高い食事を与えてあげましょう。

まとめ

犬のアレルギーを放置しておくと、悪化したり別の病気に繋がったりするかもしれません。「おかしいな」と思ったら、なるべく早く動物病院を受診しましょう。

そして食事の改善や投薬、シャンプーなどで対策を取ってあげてください。

関連記事

どう選ぶ?犬に安全なドッグフードの選び方
国産ドッグフードは危険?「優良」を選ぶおすすめの方法を紹介
涙やけの原因は食生活?ドッグフードを改善すれば涙やけは治るの?

馬肉ドッグフードは安全?犬のアレルギーについて紹介

犬にはアレルギーがあります。皮膚が赤くなる、体にかゆみが出る、下痢になる、などといった症状が馬肉などのフードを食べたことが原因で出るのは心配です。犬のアレルギーについての知識を深めて、犬の健康を守りましょう。

そもそもアレルギーってなに?

花粉症やアトピー性皮膚炎など、アレルギーに悩まされている人も多いでしょう。アレルギーとはなにかの物質に対する過剰反応です。体にはウイルスや細菌などの異物が侵入したとき、体内に抗体が作られて、異物を排除しようとします。これが免疫反応です。

この免疫反応が、体内に侵入してきた花粉やホコリ、フードなどに対して、有害だから排除しなければならない、と過剰に反応して攻撃をするのです。本来であれば体を守ってくれるはずの免疫反応が、自分自身を傷つけるアレルギー反応になってしまうことがあるのです。

このアレルギー反応は人間だけではなく、犬にもあります。花粉症になる犬も多く、その場合は皮膚に症状が出ることが多いです。食べ物もアレルゲンのひとつですが、犬も食べ物によってアレルギーを起こすことがあります。馬肉は他のお肉と比べて比較的にアレルギーを起こしにくいフードと言われていますが、体質によっては注意が必要です。

アレルギーの症状

人間のアレルギー症状もいろいろあるように、犬のアレルギー症状も、皮膚が赤くなる、目の周りが赤くなる、体をかゆがる、咳が出る、くしゃみが出る、鼻水が出る、さらには涙が出る、といった症状もあります。下痢や嘔吐、呼吸が苦しくなるなど、人間と同じような症状を起こすことも少なくありません。

中でも犬のアレルギーとしてはノミの唾液中に含まれるたんぱく質や花粉、ハウスダストなどさまざまなものがアレルゲンとなり、かゆみや発疹、発赤、脱毛などの症状を引き起こします。食事や呼吸によってアレルゲンが体内に入ると、皮膚トラブルを起こすこともあります。

犬は人よりも皮膚が薄く、デリケートです。犬が花粉症になった場合は、体を床や壁にこすりつけたり、顔をかきむしったりすることも。さらに色素沈着を起こしたり、目の周りの毛が抜けたりすることもあります。

また、フケが出る、足の裏や指の間など、執拗になめたり、かんだりする、という症状が見られたら、獣医さんに相談してみましょう。

アレルギーの原因と考えられるもの

犬のアレルギー対策のためには、アレルゲンを見つけることが大切です。しかし、犬のアレルギーの原因はさまざま。一般的にはドッグフードの中に入っているお肉や小麦、とうもろこしが原因となることが多いようです。

ほかにもハウスダストや花粉、ノミなどもアレルギーの原因になります。さらに遺伝や環境などによって、アレルギーを発症することも多く、アレルゲンを特定するのは難しいようです。

ドッグフードにはスパイスや添加物などが含まれていることも多く、それがアレルゲンとなることもあります。どのような食材もアレルゲンとなりえるため、低アレルギーといわれているものでも体質によってはアレルギーを引き起こすことも。

食物アレルゲンを特定するには、動物病院でアレルゲン検査をしてもらう方法があります。それを行うことで、アレルギーを特定できる可能性もあるので、犬のアレルギー症状が心配な場合は、検査をしてみるといいでしょう。

人間と同様、犬にもアレルギーがあります。ドッグフードに含まれる添加物や食材がアレルギーの原因となることもあるため、食べさせるものには注意が必要です。

「馬肉自然づくり」は、お肉の中でも比較的にアレルギーが少ない馬肉を使ったドッグフード。保存料や着色料、香料、添加物は使っていないので、アレルギーを心配する方にもおすすめです。

関連記事

年齢に応じて食事を変えよう!犬の健康的な食事方法とは
強いかゆみに注意!犬のアレルギーの代表的な症状と原因とは?

商品のお届けについて

必ずお読み下さい

「健康いぬ生活」では、馬肉をメインに日本全国の厳選した原材料を使用しています。ずっと使い続けていただきたい。その一心から少しでも販売価格を抑えるため、少人数で運営しています。そのため、ご注文日から発送まで2~3営業日ほどいただいています。

発送までに2~3営業日かかることをご了承いただける方のみご注文ください。

※営業日とは:土日祝日を除く平日となります

事前に定期便へご注文をいただいているお客様には、指定の日にちにお届けしています。

返品・交換について

商品の返品交換につきましては、下記日程以内にご連絡お願いいたします。
■常温商品・・・到着後8日以内
■クール商品・・・到着後3日以内

  • ・商品の特性上、未開封のものに限ります。事前にスタッフまでご連絡ください。
  • ・お客様のご都合による場合、返送料・手数料はお客様のご負担とさせていただきます。
  • ・配送中の汚損や不良品、ご注文と異なった商品が届いた場合、返送料・手数料は当社が負担いたします。

ご注文方法について

ご注文は24時間受け付けております
このホームページでのご注文、お問い合わせは、年中無休24時間お受けしております。土日祝日または臨時休業日のメールでのお問い合わせ、受注確認は翌営業日となります。

お電話でのご注文について

・通話料無料のフリーダイヤル(下記)をご利用下さい。
・営業時間/午前9:00~午後6:00
・定休日/土日祝日 但し、年始など、臨時休業する場合があります。
TEL 0120-397-111 / FAX 096-223-5135

住所

〒860-0863
熊本県熊本市中央区坪井2-1-42
株式会社利他フーズ 健康いぬ生活事業部

配送について

1配送8,000円以上のお買い上げで送料無料

8,000円(税込)未満の場合は下記となります。

商品 発送方法 送料
常温商品 佐川急便 690円(税込)
冷凍商品 ヤマトクール便 1,100円(税込)

※ゆうパケットでの発送の場合、郵便受けへのお届けとなります。
 お届け日のご指定はできませんので予めご了承ください。
 郵便受けに入らない場合は持ち戻りとなり、不在票が入ります。
 再配達をご依頼の上、手渡しにてお受け取りください。

※沖縄・離島のお客様は別途「通常送料+660円(税込)」頂いております。
          

※お客様が 北海道から九州まで幅広くいらっしゃるためお届け期間を少しでも短縮できるように、熊本県で製造した商品を一括して関東に集約し、倉庫を借り受けて発送業務を行っております。
配送日数の短縮や、送料のご負担軽減のためとご理解いただけますと幸いでございます。

お支払い方法について

クレジットカード決済

利用できるカード会社
VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERSのカードがご利用可能です。
弊社ではSSLというシステムを利用しておりますので、カード番号は暗号化されて送信されます。ご安心下さい。

代金引換

商品到着時に配送業者の方へ現金にてお支払いください。
代引手数料390円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物で代引手数料無料

NP後払い決済

NP後払い手数料210円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物でNP後払い手数料無料

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で後払いできる安心・簡単な決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願います。

ご注意

後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で54,000円(税込)迄となります。

TOP