ご飯

どんなことに気をつける?犬が健康になるご飯の習慣とは

近年、犬が生活習慣病にかかってしまうリスクも増えてきました。愛犬の健康を守るためには、ご飯の与え方に関しても人間の習慣で考えるのではなく、犬の習性を考慮することが大切です。では、どのような食習慣を身につければいいのでしょうか。

犬にも生活習慣病のリスクが!

犬の生活は、一昔前よりも確実に変化しています。ドッグフードは栄養価を考えたものはもちろん、味や食感などにこだわった製品もたくさん登場し、種類も豊富になりました。

さらに生活習慣も変化があり、室内飼いによって病気にかかるリスクが少なくなる一方、運動量の減少などが見られます。さらに、医療が進んだことにより、犬が高齢まで生きられるようになったことも変化の1つでしょう。

このような変化によって、犬もガンや糖尿病、心疾患などの生活習慣病にかかるリスクが高くなっています。

特に肥満は要注意

肥満は生活習慣病のリスクを上げる大きな要素です。近年室内飼いをすることによって犬は運動不足気味になる一方で、与えるご飯は豪華になったり、間食が増えたりなどといったケースが多く見られます。

こうした生活習慣によって犬は肥満になってしまい、動脈硬化やそれに伴う心疾患、さらに糖尿病などを引き起こしてしまうのです。さらに、体重が増えすぎることで関節に負担がかかり、足腰に異常をきたす場合もあります。

飼い主の食事コントロールが大切

犬の体は人間よりも小さいですから、肥満による体への負担も大きくなります。このような犬の生活習慣病を防ぐためには、飼い主がご飯の量やカロリーなどをコントロールすることが大切です。

犬の習性では、目の前にあるご飯はあるだけ全部食べてしまいます。つまり、犬はご飯の量を減らすなどのコントロールができないのです。飼い主がしっかりとご飯の管理をしなければ、犬は病気のリスクにさらされる可能性が高くなってしまいます。

犬に食べ物を与えると喜ぶことから、飼い主はおやつなど食べ物をついたくさん与えがちです。しかし、ご飯以外におやつをたくさん与えることは、もちろん肥満の原因になり、病気のリスクを高めます。

そのため、一時の感情に流されずにシビアに食事のコントロールを行いましょう。

健康になるためのご飯のポイント

では、犬の健康を維持するために必要な食習慣のポイントについて挙げていきます。

決まった時間にのみご飯を与える

ワンちゃんへのご飯は、成犬の場合で朝夕2回が基本です。そして飼い主がご飯を与えやすい時間を決め、毎日その時間に与えるようにしましょう。食事の時間が大幅にずれると、ワンちゃんの生活リズムが狂ってしまいます。

体の大きさや年齢に合わせてご飯の量を調整する

体の小さい犬と大きい犬では、適切なご飯の量は変わってきます。また子犬と成犬、シニア犬のご飯の量を全く同じにしていると、成長につれて足りなくなったり、逆に与えすぎたりすることになります。ワンちゃんに合ったご飯の量を調整するようにしましょう。

おやつは与えすぎないように

おやつをあげること自体は問題ありませんが、量や与える時間によってはご飯に影響が出る場合があります。そのため、おやつを与える時間はご飯の時間に近くならないようにし、与える量も少しにとどめておきます。

運動や歯磨きなどの習慣をつける

毎日の散歩で運動させることはカロリー消費になるだけではなく、筋力をつけて脂肪を燃焼しやすくしたりストレス解消になったりします。歯磨きについては、生活習慣病の1つである歯周病の予防となるでしょう。

まとめ

ワンちゃんの健康を守るためには、飼い主がしっかりと管理することが大切です。生活習慣病にかかると命の危険にさらされることはもちろん、長期の治療が必要になると治療費がかさむ問題も出てきます。

大切なワンちゃんがいつまでも健康であるために、適切な食習慣を心がけましょう。

犬のご飯に馬肉のドッグフードがおすすめな理由とは?

普段、ワンちゃんのご飯にはどんなドッグフードを与えていますか?ワンちゃんには長く元気でいてもらいたいですから、少しでも質のよいご飯を与えたいものですよね。

そのドッグフードには、馬肉を使ったものがおすすめです。では、なぜ馬肉のドッグフードがよいのでしょうか。

犬はそもそも肉食

犬は比較的何でも食べる雑食ですが、本当は肉中心の食事をする肉食動物です。体質的にも生肉を消化するのに長けているものの、人間との生活の中で人間が食べるものを一緒に食べるようになり、犬の消化器系も進化してきました。しかし本来は、ほかの動物の生肉を食べる方が合っているのです。

犬に与えるご飯について、バーフ(BARF)という考え方が広まりつつあります。これは、本来生物学的に適した生食を与えるべきというものであり、犬の本来の特性に合わせて、生肉などの加熱調理していないご飯を食べさせるのがいいとする考え方です。また、生肉の酵素の働きにより消化もしやすく、犬のご飯には適しています。

ただし、生肉だけを与えるのは問題もあります。たとえば日持ちせずに腐ってしまうなど、犬の健康を脅かす可能性もあるでしょう。そこで、できるだけ動物性タンパク質を中心にし、日持ちもするようにできている馬肉のドッグフードがおすすめというわけです。

低脂肪・高タンパク

肉はタンパク質が豊富で、犬が1日に必要としているタンパク質の量は人間の4倍とも言われることから、犬に肉を与えるのは理にかなっています。しかし、ご飯として与えるときに気になってしまうのは、やはりカロリーではないでしょうか。通常のドッグフードには牛肉やラム肉がよく使われていますが、犬の健康を考えるとあまりたくさんは与えられないと考えている人も多いでしょう。

そこで、牛肉やラム肉と、馬肉のカロリーを比較してみましょう。使用する肉の部位にもよりますが、一般的にドッグフードに使用される牛肉やラム肉のカロリーは、100gあたりおよそ230~300kcalはあります。しかし馬肉は、なんと100gあたり110kcalと、かなり低カロリー。このカロリーは、低カロリー食品として知られる鶏ささみと同じくらいです。

脂肪分を比較してもその差は歴然で、牛肉やラム肉では100g中15~30gはあるのですが、馬肉に含まれる脂肪分は100gあたりわずか2.5gです。馬肉はほかの肉よりもかなり脂質が少ないことがわかります。

またタンパク質に関しては、牛肉やラム肉では100g中およそ15~20gであるのに対し、馬肉もおよそ20g強と全く引けを取りません。馬肉は、低脂肪・高タンパクの理想的な食材であるといえるでしょう。

安全性が高い

犬に与える食品の中には、場合によってはアレルギーを引き起こすものもあります。過去にドイツで行われた研究で、犬がアレルギーを起こしやすい食品について調べた結果が発表されました。この研究では、およそ300頭の犬を対象として、どのような食品で何頭がアレルギー反応を示したかという実験が行われています。

その結果、なんと一番アレルギーを起こしやすいのは牛肉となっているのです。牛肉に次いで、乳製品や鶏肉のアレルギー反応が比較的多いというデータとなっていますが、その中でも牛肉でアレルギーを起こす割合は、群を抜いて高くなっています。

それと比べると、馬肉は犬がアレルギーを起こしにくく安全な食品です。今まで牛肉のご飯を与えてアレルギーが出てしまったという経験がある場合も、馬肉なら安心でしょう。ただし、まれに馬肉でもアレルギーが出てしまう犬もいますから、与えるときには少しずつあげるのがおすすめです。

そのほか、肉には寄生虫がいる可能性もあり、馬肉にはサルコシスティス・フェアリーと呼ばれる寄生虫が知られています。この寄生虫が生息している肉を人間が食べると下痢や嘔吐などの症状が出ますが、サルコシスティス・フェアリーは馬と犬の間を行き来して生息するため、犬に症状は出ません。なお、馬刺しなどの人間が食べるものは、冷凍処理をしてサルコシスティス・フェアリーを死滅させています。そのため、きちんとしたルートで出回っている馬肉をご飯として与えるのは、ほぼ問題ないといえるでしょう。

関連記事

ドッグフードは犬種で選ぶ!適切なドッグフードの選び方
どう選ぶ?犬に安全なドッグフードの選び方

商品のお届けについて

必ずお読み下さい

「健康いぬ生活」では、馬肉をメインに日本全国の厳選した原材料を使用しています。ずっと使い続けていただきたい。その一心から少しでも販売価格を抑えるため、少人数で運営しています。そのため、ご注文日から発送まで2~3営業日ほどいただいています。

発送までに2~3営業日かかることをご了承いただける方のみご注文ください。

※営業日とは:土日祝日を除く平日となります

事前に定期便へご注文をいただいているお客様には、指定の日にちにお届けしています。

返品・交換について

商品の返品交換につきましては、下記日程以内にご連絡お願いいたします。
■常温商品・・・到着後8日以内
■クール商品・・・到着後3日以内

  • ・商品の特性上、未開封のものに限ります。事前にスタッフまでご連絡ください。
  • ・お客様のご都合による場合、返送料・手数料はお客様のご負担とさせていただきます。
  • ・配送中の汚損や不良品、ご注文と異なった商品が届いた場合、返送料・手数料は当社が負担いたします。

ご注文方法について

ご注文は24時間受け付けております
このホームページでのご注文、お問い合わせは、年中無休24時間お受けしております。土日祝日または臨時休業日のメールでのお問い合わせ、受注確認は翌営業日となります。

お電話でのご注文について

・通話料無料のフリーダイヤル(下記)をご利用下さい。
・営業時間/午前9:00~午後6:00
・定休日/土日祝日 但し、年始など、臨時休業する場合があります。
TEL 0120-397-111 / FAX 096-223-5135

住所

〒860-0863
熊本県熊本市中央区坪井2-1-42
株式会社利他フーズ 健康いぬ生活事業部

配送について

1配送8,000円以上のお買い上げで送料無料

8,000円(税込)未満の場合は下記となります。

商品 発送方法 送料
常温商品 ヤマト運輸 690円(税込)
冷凍商品 ヤマトクール便 1,100円(税込)

※ゆうパケットでの発送の場合、郵便受けへのお届けとなります。
 お届け日のご指定はできませんので予めご了承ください。
 郵便受けに入らない場合は持ち戻りとなり、不在票が入ります。
 再配達をご依頼の上、手渡しにてお受け取りください。

※沖縄・離島のお客様は別途「通常送料+660円(税込)」頂いております。
          

※お客様が 北海道から九州まで幅広くいらっしゃるためお届け期間を少しでも短縮できるように、熊本県で製造した商品を一括して関東に集約し、倉庫を借り受けて発送業務を行っております。
配送日数の短縮や、送料のご負担軽減のためとご理解いただけますと幸いでございます。

お支払い方法について

クレジットカード決済

利用できるカード会社
VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERSのカードがご利用可能です。
弊社ではSSLというシステムを利用しておりますので、カード番号は暗号化されて送信されます。ご安心下さい。

代金引換

商品到着時に配送業者の方へ現金にてお支払いください。
代引手数料390円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物で代引手数料無料

NP後払い決済

NP後払い手数料210円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物でNP後払い手数料無料

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で後払いできる安心・簡単な決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願います。

ご注意

後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で54,000円(税込)迄となります。

TOP