ドッグフードには国産品と輸入品があります。輸入品といえば、やはり心配なのは安全性や品質ですよね。

また味も日本のワンちゃんに適しているのか、値段はどうなのか、真実を知りたいという方も多いでしょう。そこで、輸入ドッグフードの実情についてまとめました。

「正規輸入」と「並行輸入」の大きな違い

輸入品のドッグフードと一口に言っても、実はその流通ルートによって「正規輸入品」と「並行輸入品」という2種類に分けられます。

「正規輸入品」とは、メーカー本社から認定された正規代理店が輸入したドッグフードのこと。正式に契約した日本のメーカーが、直接本社からまとめて輸入している製品です。

「並行輸入品」とは、正式なルートとは関係ない業者が個人輸入したドッグフードのこと。外国で販売されている製品を問屋や販売店から入手し、独自のルートで日本に輸入している製品です。

この二つは、主に検疫や規定の面に違いがあります。正規輸入品の場合はメーカーが日本用にパッケージや原材料を調整したり輸送方法を工夫したりしますが(その分価格は高くなります)、並行輸入品にはそれがありません。

並行輸入の場合は様々な業者や問屋が介入してくる上に、輸送の状況も把握しにくく、何かトラブルがあってもメーカーのサポート外となります。

輸入品の安全性は輸送時の管理がポイントに

では、輸入品ドッグフードの安全性はどうでしょうか。実はアメリカやドイツといった、日本よりも犬と一緒に暮らす文化が根強い「ドッグフード先進国」のフードは品質が高く、信頼度も高いとされています。

しかしいくら本国で品質が良くても、日本に持ってくる際に品質が落ちてしまっては意味がありません。輸入品ドッグフードは、輸入品ならではの注意が必要になります。

海外からの輸送には船便が主に使用されますが、ドッグフードはコンテナに詰められることになります。その際の品質管理がポイントです。

炎天下で常温のまま何日もかけてということになれば当然品質は劣化しますし、雨ざらしになってしまうリスクも否定できません。

また長期輸送による製品の酸化を防ぐために、酸化防止剤といった添加物が追加で使用されることもあります。

特に並行輸入の場合は、コスト削減のためにずさんな品質管理を行っているリスクが高いです。

輸入品ドッグフードを選ぶ際は、どのようなルートを通ってくるのか、その際の品質管理は徹底されているのか、あらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

国産品の場合も原材料や品質管理をチェック

輸入品に注意が必要となるのであれば、国産のドッグフードなら安全と言えるのでしょうか。

国産の場合、長期輸送の必要がないので上記のような輸送時のリスクはありません。しかし、全く問題がないとも言いきれないのが実情です。

人間の食べ物には徹底した衛生基準が設けられていますが、現状では犬の食べ物は人間ほど厳格に定められてはいません。

家畜の血や骨、毛など、およそ人間の食べ物とは遠い原材料が使われているドッグフードもあります。

また最終的な加工地が日本であれば国産と銘打つことができるため、外国製の原材料を使用しているケースも少なくありません。

ペットフードだからとずさんな衛生管理を行っている工場もあります。

そのため、しっかりと自分の目で見て判断し、選ぶことが重要だと言えるでしょう。判断基準としては、「使用している原材料の品質」や「工場の品質管理」などが挙げられます。

ドッグフードの主な原材料はお肉です。人間が食べられるくらい品質が高く、新鮮なお肉を使用しているメーカーなら安心できるはず。

またきちんと検査や衛生管理を行い、製造工程も明らかにしている工場なら信頼することができます。

こういったポイントをクリアしているドッグフードを選んで、安心安全なごはんをワンちゃんに食べさせてあげたいですね。

まとめ

ドッグフードは輸入品と国産品のどちらが良いのか…という問いは、愛犬家なら一度は抱いたことがあるのではないでしょうか。

いずれにしても、大切なのは原材料や品質管理の姿勢です。しっかり吟味して、ワンちゃんのごはんを選びましょう。

馬肉自然づくりは、全国の良い素材を選びぬいて作ったドッグフードです。もちろん添加物不使用!

また、高い衛生管理水準をもつ食肉センターを通過した馬肉のみを使っているので、衛生面も安心できます!

安全でおいしいごはんをお探しなら、馬肉自然づくりはいかがでしょうか?