ドッグフードは種類が豊富なので、どれが良いのか迷ってしまいますよね。ドッグフードのタイプによって食べやすさやワンちゃんとの相性、料金も違うので、それぞれの特徴をよく知った上で総合的に判断できるようにしましょう。

ドッグフードによって水分量が違う

ドッグフードの種類は、まずは含まれている水分量によって分けられます。保存の期間や金額なども違いますが、食べやすさや嗜好にも差が出ます。

ドライタイプ

一般的な袋入りドッグフードです。カリカリした食感が特徴で、水分量はもっとも少ないもので10%程度。そのため賞味期限が長めで、開封後の保存もしやすくなっています。

コストパフォーマンスも良いので、飼い主さんにとってはもっとも手軽なドッグフードです。

そのまま食べさせるのが一般的ですが、お湯をかけてふやかすことで、歯の悪い老犬なども食べやすくなります。ちなみに、そのまま食べさせれば歯垢がつきにくくなります。

水分量が少ないため、食事の時に一緒に水も用意してあげましょう。

ソフトドライ

水分量が25~35%程度の加熱発泡処理が施されたドッグフードです。湿潤調整剤によって、ドライタイプのものに比べてしっとりした食感になっています。

ドライフードよりも水分量が多いため、含んでいる水分でカビが生える恐れがあり、保存には注意が必要です。保存料などが含まれていることが多いようです。

セミモイストフード

ソフトドライタイプと同じく、ドライフードよりも水分の含有量が多いタイプです。発泡処理をしていないので、ソフトドライタイプよりさらに柔らかい食感になります。

ただ、放置すると水分が飛んで固くなるので、やはり保存に注意が必要です。嗜好性が高く、おやつとしても使われます。

ウェットタイプ

缶詰に多いタイプで、水分量は75%程度。非常に柔らかいドッグフードです。水分量が多いことから、満腹になりやすく、ダイエット用商品も多数でています。

ただ、同時に栄養は減ってしまうので、バランスを考えて他の食材も混ぜなければならない可能性もあります。

開封後は保存がきかないので、都度食べきるようにしましょう。

犬の年齢別の種類

ワンちゃんの年齢によっても適したフードは違います。年齢とドッグフードが合わないと栄養不足や栄養過多、消化不良などの問題が起きる可能性があるので、愛犬にピッタリのものを選ぶことが大切です。

幼犬

幼犬には小粒のドッグフードが適しています。歯やあごが小さいということはもちろんですが、実は犬はドッグフードを丸飲みしてしまうことも多いのです。

胃腸が小さい(発達していない)幼犬にとって、大粒のドッグフードは大きな負担になってしまいます。

ちなみに、小型犬も同様の理由で小粒のドッグフードが適しています。

また授乳期直後の幼犬の場合は、固形のドッグフードを与えるのではなく、粉末やペースト状のものを選びます。人間で言うところの離乳食と考えましょう。

離乳食の時期が終わったら、成犬期になるまで栄養がたっぷり含まれた子犬用のドッグフードを与えます。この時期は体が激しく成長するので、成犬や老犬に比べてかなりの栄養が必要になります。

成犬

1歳を超えたあたりで、成犬用のドッグフードに切り替えが必要になります。成犬用のドッグフードは、成長ではなく体の維持を目的に作られています。そのため、子犬用ドッグフードよりもカロリーは低くなっています。

老犬

6歳~8歳を超えたあたりで、ワンちゃんの状態に応じて老犬用のドッグフードへ切り替えが必要になります。

犬も人間と同じで、年をとると筋力が衰え、消費カロリーも減ってきます。そのため老犬用のドッグフードは、成犬用ドッグフードよりさらにカロリーを抑えたものが多くなっています。

また、関節や消化機能など、体のさまざまな部分が弱くなってくるので、老犬用のドッグフードには、機能を補助してくれるサポート成分が含まれているのも特徴です。

まとめ

ドッグフードの種類は、水分量の違いや年齢によって選べるようになっています。ワンちゃんがいつまでも元気に暮らせるよう、健康状態や年齢に応じて、最適なドッグフードを選んであげてくださいね。

特に成犬後期、老犬のドッグフードにお困りの方は、「馬肉自然づくり」がオススメです。

低脂肪で高タンパクな馬肉をたっぷり使い、栄養バランスも考えられた無添加ドッグフード。ワンちゃんの健康な毎日をサポートしてくれますよ!