疾患や症状

年齢や症状も様々!犬がかかりやすい主な病気とは?

昔に比べて犬も長生きするようになりましたが、同時に病気にかかる可能性も上がっています。

犬がなりやすい病気は年齢や犬種によっても変わってきますが、こちらでは代表的な病気についてご紹介しましょう。併せて病気の症状についても解説していきます。

命の危険も!犬がかかりやすい「三大疾病」

犬も人間がかかるような病気になります。特に犬種を問わずかかりやすいと言われているのが、「がん」「心臓病」「腎臓病」の三大疾病です。

いずれも危険度が高く、場合によっては命に関わることも。それぞれ詳しく見ていきましょう。

がん

細胞の異常増殖によってできる悪性腫瘍です。脳、肺や腎臓などの内臓、リンパなど様々な部位に発生します。

老化や遺伝、生活習慣やストレスなど原因は多種多様。手で触ってわかるほどのしこりや、食欲不振、体重減少、ぐったりするなどの症状が見られたら要注意です。

全ての犬種に可能性がありますが、ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバー、パグなどは特にかかりやすいと言われています。

心臓病

「僧帽弁閉鎖不全症」「心室中隔欠損症」「心筋症」など、心臓疾患の総称です。特に僧帽弁閉鎖不全症は有名で、チワワやポメラニアン、トイプードルなど小型犬がかかりやすいとされています。

主な原因は老化なので、6~7歳を超えたら心臓病に注意しましょう。その他、高カロリーの食事なども原因となります。

咳、呼吸が荒くなる、食欲低下などの症状が多く見られるため、日頃から犬の様子に注意しましょう。

腎臓病

腎臓は体内の老廃物をろ過し、尿を作りだす器官です。この腎臓が老化や先天的な異常、ウイルスの影響など、何らかの原因でうまく機能しなくなる病気の総称が腎臓病。

腎不全や腎炎、腎臓結石など様々な種類がありますが、腎臓は一度機能が低下するとなかなか回復しません。

症状が乏しくなかなか見つかりにくいとされている病気ですが、尿の異常、口臭、食欲低下などいつもと違う様子が見られたら獣医師に相談しましょう。

犬の年齢によってかかりやすい病気も異なる

犬の病気と一口に言っても、子犬と老犬ではかかりやすい病気が異なります。年齢によって注意するポイントを変えましょう。

生まれたて

実は生まれたばかりの子犬はまだ母犬からもらった免疫が残っているので、感染症にはある程度の抵抗力があります。

しかし生後1~2ヶ月頃を過ぎるとその免疫が切れてしまうので、1歳くらいまでは感染症に注意しなくてはなりません。

犬ジステンパーやパルボウイルス、フィラリアなどあらゆる感染症のワクチンを接種しましょう。

1歳~5歳

若くて体力も免疫もある年齢の犬は、どちらかと言うと病気や感染症よりもケガや事故に注意が必要です。

好奇心が強く行動力もあるため、散歩中に急に飛び出したり、電気のコードを噛んで感電したり、他の犬とケンカをしたり、異物を飲み込んだりするかもしれません。

日頃からしてはいけないことをしっかりと教えておきましょう。

老犬

年をとってくると、がんや心臓病の他、認知症や変形性関節症、歯周病などの病気にかかりやすくなります。

老化による病気はある程度仕方のない面もありますが、普段から栄養バランスの良い食事や適度な運動を心がけてあげましょう。

そして定期的な健康診断で、病気の早期発見・早期治療を目指してください。

触診や様子見で病気の早期発見を目指そう

36-3

犬はとても<<我慢強く、病気を隠そうとする>>動物です。だからこそ飼い主は愛犬の様子に注意し、進行する前に病気を見つけてあげなくてはなりません。

日頃からしっかりと体調管理を行い、いつもと違うところがないかチェックしていきましょう。チェックする項目は以下の通りです。

  • しこりがないか
  • 嘔吐や下痢・便秘をしていないか
  • 咳は出ていないか
  • 皮膚は赤くなっていないか
  • 出血はないか
  • 耳だれはないか
  • 目や鼻の周りに異常はないか
  • 震えていないか
  • 水を飲む量はいつもに比べて多くないか
  • 触られることを嫌がらないか

上記のチェック項目を中心に、いつもと違う行動を取る時には注意深く様子を見ましょう。

特に触られることを嫌がる時は要注意。病気になったり痛みがあったりすると、急に接触や散歩を嫌がるようになることがあります。

少しでも様子が違ったら、受診も検討してみましょう。病気は早期発見が何よりも大切です。

まとめ

犬は自分で「具合が悪い」と言うことはできません。ワンちゃんの病気にいち早く気づいてあげられるのは飼い主です。

防ぐことが難しい病気もありますが、早期発見することで進行を食い止められる可能性も高くなります。

日頃から生活習慣に気を付けたり検診を受けたりして、愛犬の健康を守っていきましょう。

ストレス?それとも病気?犬が震える原因とは

いつも元気なワンちゃんが、突然ブルブルと震え出したら心配になってしまいますね。犬の震えと一口に言っても、その原因は多種多様。

頻繁に震える場合や、震えではなく痙攣など、様々なケースがあります。今回は犬が震える原因と、考えられる病気についてご紹介しましょう。

その震えは「カーミングシグナル」かも?

犬が震えている時にまず考えられるのは、「カーミングシグナル」です。カーミングシグナルとは、犬が自分の感情を相手に伝えたり争いを避けたりするために使うボディランゲージのこと。

「カーミング」は「落ち着かせる」、「シグナル」は「信号」という意味なので、文字通り自分自身もしくは相手を落ち着かせるための行動となります。

「目を細める「お腹を見せる」などカーミングシグナルは27種あるとされており、「震える」もそのうちのひとつです。

では、ブルブルと震えるカーミングシグナルにはどのような意味があるのでしょうか。

自己防衛

犬はストレスを感じた時にブルブルと体を震わすことで、緊張状態をほぐそうとします。嫌なことをされた時や怒られた時、また病院で不安な時などに自分を落ち着かせるために震えます。

ストレスの要因を取り除いてあげるか、病院などが終わったら思いっきり褒めてあげると良いでしょう。

飼い主に構って欲しい

たとえば我慢して留守番をしていたワンちゃんは、飼い主が帰ってきた時に感情を抑えきれずにブルブル震えることがあります。

また、以前に震えた時に飼い主が「どうしたの?」と心配してくれたことを覚えているワンちゃんは、構ってほしくてわざと震えてみせることもあります。

寒さ?恐怖?震えの原因は多種多様

カーミングシグナル以外にも、犬が震える原因はたくさん考えられます。代表的なものを見ていきましょう。

・寒さによる震え
人間と同様に、犬も寒い時は筋肉を震わせることで発熱を促します。特にチワワなどの小型犬は体温の低下が早く、寒がりだとされています。

恐怖感による震え

自分より大きな犬に会った時、花火や雷など大きな音がした時、家族が激しく口論をしている時など、恐怖を感じた時にも震えます。

飼い主が酔っているなど、いつもと様子が違うだけでも怖がることも。

警戒心による震え

知らない人間が家に来た時や、新しい散歩コースを通った時、聞き慣れない音がした時などには警戒心が高まります。

人間には聞こえないような遠くの音を感じ取っていることもあります。

老犬の震え

年齢と共に筋力が低下すると、体を支えきれなくなって震えてしまいます。また太りすぎが原因のこともあります。

ヘルニアやてんかんといった病気の可能性も

犬の震えが、病気からきていることもあります。特に言葉を発せないワンちゃんは、「痛み」を震えで表すことも多いです。

以下、考えられる代表的な病気をご紹介しましょう。それぞれ他の症状や思い当たることがないかチェックしてみてください。

ヘルニアなどの痛み

ケガや腰痛などの痛みで震えていることも。特に「椎間板ヘルニア」は背骨と背骨の間にある椎間板が突出し、神経を圧迫して激しい痛みを起こす病気です。

じっとしていて呼んでも来ない、散歩に行きたがらない、抱き上げると悲鳴を上げるなどの症状がないか確認しましょう。

ダックスフンドなど足が短く胴が長い犬種に多く起こります。

腫瘍による痛み

犬も悪性腫瘍(ガン)の罹患率は高く、進行すると痛みを感じると言われています。しこりがある、食欲がない、呼吸が荒いなどの症状に気を付けましょう。

また脳腫瘍の場合は、痛みを我慢して震えているのではなく痙攣として震えることがあります。

てんかんによる発作の震え

てんかんは、定期的に発作(痙攣)を繰り返す脳の病気です。倒れてガタガタと痙攣しても30秒ほど経つとケロッとしているのであればてんかんかもしれません。

ここまで大きな痙攣でなくとも、一見ただの震えのように思える軽い痙攣を起こすこともあります。

この他、尿毒症や玉ねぎなどの中毒症状、低血糖、感染症など様々な病気が考えられます。おかしいと思ったら、すぐに獣医さんに診てもらいましょう。

まとめ

愛犬の震えにはビックリしてしまうかもしれませんが、そんな時こそ冷静に原因を探りましょう。

飼い主の行動で愛犬のストレスを減らし、震えを止めてあげられるかもしれません。

ただリラックスできる状況で何日も震えが止まらないような場合は、すぐに受診するようにしてくださいね。

強いかゆみに注意!犬のアレルギーの代表的な症状と原因とは?

犬にもアレルギーがあることをご存知ですか?もともとの体質によるものだったり、環境的な要因で引き起こされたりと様々な要因があります。

人間もアレルギーは辛いものですが、ワンちゃんの場合はどんな症状が出るのでしょうか。代表的なものをご紹介していきます。

犬のアレルギーは主に皮膚に症状が表れる

人間も犬もアレルギーのメカニズムは同じですが、犬の場合は皮膚のバリア機能が低下しやすいため、アレルギーを発症すると主に皮膚にその症状が出てきます。

以下の症状がワンちゃんに現れたら、アレルギーを疑ってみましょう。

・湿疹や赤み

背中やおなか、顔などに小さな発疹が見られます。特に食べ物が原因の時は、全身にじんましんが広がるのが特徴です。

また目の周りや口の周り、足の付け根などの皮膚が赤くなり、結膜炎を起こすこともあります。

・強いかゆみの症状
おなかを執拗に床に擦りつけたり、同じ場所をかきむしったりと、全身にかゆみの症状が見られます。

足の裏や指の間なども炎症を起こすため、ずっと舐めたり噛んだりしていることも。そのため毛が抜けてきたり、フケが出やすくなったりします。

・耳が赤く腫れる、強く痒がる

耳はアレルギーの症状が出やすい部位です。耳の内側が真っ赤になったり、腫れたり、異常にかきむしっている場合はアレルギーを疑いましょう。

体内への症状について

皮膚だけでなく、体内にも症状が出る場合があります。特に食事によるアレルギーは全身に症状が出ることがほとんど。

全身症状が出るということは、内臓にもダメージがあるということです。たとえば気管支が炎症を起こせば喘息になりますし、鼻の粘膜が炎症を起こせば鼻炎にもなります。

以下のような症状は一見気づきにくいですが、アレルギーからくる症状の可能性があります。

・下痢や軟便が続くことがある

腸の粘膜が炎症を起こし、おなかがゆるくなっている状態です。消化がうまくいかず、薬の効きにくいしつこい下痢になります。

慢性的な下痢や軟便は体質ではなくアレルギーの症状かもしれません。

・食事を摂らない、極端に量が減る

腸炎や鼻炎が続くと、食欲が落ちたりおなかが痛くなったりしてあまり食事を摂らなくなることがあります。場合によっては嘔吐を伴うこともあります。

犬のアレルギーは原因を突き止めることが大切

アレルギーとはそもそも、外部から侵入してきた異物に対して体の免疫機能が過剰に反応することで起こります。その特定の異物が「アレルゲン」。

免疫機能が過剰反応する原因としては、遺伝や環境的な要因など様々な要素が考えられますが、まずは何に対してアレルギー反応を起こしているのかを突き止めることが大切です。

犬がアレルギー症状を起こしやすい、主なアレルゲンについてご紹介しましょう。

・フードの成分によるもの

ドッグフードに多く使われる成分でアレルギーを起こしやすいものは、牛肉や子羊肉、鶏肉、卵、大豆、小麦、トウモロコシ、乳製品、そして食品添加物や人工着色料などが挙げられます。

特に品質の悪い原材料を使っているフードは要注意。品質の良いものなら問題なくても、品質が悪いものを食べたら突然症状が現れることもあります。

・寄生虫やダニ、カビによるもの

ノミやダニといった外部寄生虫に噛みつかれた際にその唾液が体内に入ったり、寄生虫の死骸や糞が体内に入ったりすることでアレルギーが起こることがあります。

またカビなどの細菌に感染することでも起こります。駆虫薬や抗真菌剤などの投与が必要です。

・生まれ持った免疫力によるもの

遺伝的な要因によって免疫機能をコントロールすることができず、食べ物や花粉・ハウスダストなどに過剰反応してしまう犬もいます。

同じものを食べていてもアレルギーを起こす犬と起こさない犬がいるのはこのためです。またストレスによって免疫力が落ちてしまうこともあります。

アレルギーを起こす原因を特定するためには、基本的に獣医師による検査が必要です。またアレルギーを起こさないようにするためにも、健康的で品質の高い食事を与えてあげましょう。

まとめ

犬のアレルギーを放置しておくと、悪化したり別の病気に繋がったりするかもしれません。「おかしいな」と思ったら、なるべく早く動物病院を受診しましょう。

そして食事の改善や投薬、シャンプーなどで対策を取ってあげてください。

関連記事

どう選ぶ?犬に安全なドッグフードの選び方
国産ドッグフードは危険?「優良」を選ぶおすすめの方法を紹介
涙やけの原因は食生活?ドッグフードを改善すれば涙やけは治るの?

あなたのワンちゃんも便秘かも!犬が便秘になる原因と対処法とは?

犬の便は、健康状態をチェックするための重要なバロメーターです。

では、便が出ない・出づらい時はどのような原因が考えられるのでしょうか?また、どのように対処すれば良いのでしょうか。

こちらでは犬の便秘に対する原因と対処法をご紹介していきます。

犬の便秘を判断する3つの行動

犬も人間と同じように便秘になることがあります。人間の場合は「なかなか出ない…」と自覚できますが、ワンちゃんは自分で伝えることはできないため、飼い主が気づいてあげなくてはいけません。

では、どのようなケースが便秘にあたるのでしょうか?通常は毎日排便の習慣がある犬が多いですが、個体差があり、排便の頻度はまちまちです。出ていない日数よりも、以下の症状を伴うかどうかを判断基準にすると良いでしょう。

排便のしぐさは見られても排便がない

トイレに行って排便の姿勢を取るものの、実際には出ていないなら便秘の可能性が大

また尿の回数が妙に増えた場合も、便がしたくてトイレに行ったけれど便が出ず、尿だけが出ているのかもしれません。

排便の際に痛がるような声を出す、時間がかかり過ぎる

便は出るものの、やたらと時間がかかったりいきむ時に悲鳴のような声を出したりするのであれば要注意です。便が硬くなっていないか、血がついていないかも併せてチェックしましょう。

食事量や水分量が減る

便秘になると食欲がなくなります。元気がなくなったり、吐き気を伴ったりすることもあります。

犬の便秘の原因は?

犬が便秘になる原因は、基本的には人間と変わりません。環境・食事・病気など様々な要因が考えられます。では、主にどのような原因があるのでしょうか。

ストレス

ストレスによる便秘が最も多いとされています。引越しやペットホテルの利用、新しいトイレや新しい食器の導入、家族が減ったり新しいペットが増えたりと、環境の変化に大きなストレスを感じます。

食事の内容が変わった

特にトウモロコシなどの穀物や品質の低い原料を使ったフードなどは、消化不良を起こしやすいとされています。また水分不足や運動不足が原因のことも。

異物を飲み込んだ

おもちゃや木の枝などの異物を飲み込んでしまうと、便の通り道が塞がれてしまうことがあります。

病気によるもの

会陰ヘルニアになると、お尻の筋肉に隙間ができて消化管が飛び出し、便がたまってしまいます。

また椎間板ヘルニアになると、排便に関係する神経の損傷やマヒが起こることも。更に前立腺がんや直腸腫瘍など、腫瘍が便の通り道を塞いでしまうことがあります。

犬が便秘になったときの3つの対処法

では、犬が便秘になっていると気づいたらどうしたら良いのでしょうか。基本的には、上記でご紹介した原因を解決することが最も重要な対処法となります。

ストレスを感じる要因を取り除き、健康的な生活ができるように整えてあげましょう。その他には、以下のような対処法が挙げられます。

食事内容を変えてみる

消化を助け、便秘解消に効果のあるドッグフードに変えてみましょう。近年は善玉菌を増やすサプリメントも登場しています。

常温のプレーンヨーグルトを少量与えるという方法もありますが、アレルギーの可能性もあるため、初めての場合は様子を見ながら与えてください。

運動をさせてみる

しっかり運動することで腸の動きを促進します。また余分な脂肪は消化管を冷やし、腸の働きを阻害するので、日頃から散歩の時間を長めに取るなど運動の習慣をつけるように工夫しましょう。

水分の量に注意する(増やす)

スムーズな排便には充分な水分が必要不可欠です。常に新鮮なお水が飲めるように環境を整えてあげましょう。

またウェットタイプのドッグフードの使用や、ドライフードをふやかすという方法もあります。

これらの方法でも効果がない場合は、獣医師に診察してもらいましょう。投薬や浣腸など、適切な治療を行ってもらえます。

まとめ

人間にとっても犬にとっても、便秘はつらいものです。愛犬がつらい思いをしないよう、普段から排便の様子や便の状態を気にかけてあげると良いでしょう。少しでも「おかしいな」と感じたら、獣医師に相談することをおすすめします。

関連記事

太った犬は病気になりやすい!症状と対策方法を知ろう
激安には秘密がある!激安ドッグフードを購入するリスクとは
犬用の馬肉を安全に!良質な馬肉を選ぶポイントとは?

愛犬の血便を見ても慌てない!犬の血便の原因と日頃の予防策

大切な愛犬のうんちに血が混じっていたら驚いてしまいますよね。「何か大きな病気では?」とパニックになってしまうかもしれません。

しかし慌てず、冷静に対応することが大切です。こちらで犬が血便を出した時の原因と、普段からできる予防法を紹介します。

犬の血便には種類がある

犬の血便と一口に言っても、便の硬さや血の状態などによっていくつか種類があります。もしもワンちゃんが血便を出してしまったら、まずはどんな状態なのか確認しましょう。病院に連れていく際も、どんな血便かという情報は重要です。

血便とともに下痢をしている

下痢の中に血が混ざっている場合や、トマトジュースのように全体的に真っ赤なウンチが出る場合があります。

鮮血の場合は大腸後半など比較的肛門付近で出血していると考えられます。

硬い便に血が混じっている

カチカチの便の周囲のみに血がついている場合、硬い便によって肛門が傷ついている可能性があります。

便の中にも血が混ざっている場合は、大腸の前半部分などで出血していると考えられます。

ゼリーのような血便が出る

何らかの原因によって腸内の粘膜が多く剥がれ、便に混ざっていると考えられます。黒っぽいタールのようなネバネバした便の場合は要注意。

小腸より前の段階で出血している可能性があります。

犬が血便をした時の原因とは

ワンちゃんの場合、ストレスや食べすぎによる一過性の血便も少なくありません。しかし、怖い病気や症状が隠れているケースもあります。では、どんな原因が考えられるでしょうか。

ウイルスによるもの

血便を引き起こすウイルスは様々な種類があります。特にパルボウイルスというウイルスには要注意。

感染すると、悪臭を伴う激しい下痢や嘔吐、脱水、発熱といった症状を伴います。進行するとトマトジュース状の血便が見られる、致死率の高い恐ろしい病気です。

感染力が高く便そのものや食器などからも広がるので、多頭飼いの場合は特に注意しなくてはなりません。一刻も早い治療が必要です。

寄生虫によるもの

鉤虫やコクシジウムといった寄生虫が体内に侵入し、腸壁を傷つけることで出血します。

寄生虫が肛門にぶら下がっていることや、便に混ざっていることもあるのでチェックしてみてください。動物病院で虫下しの薬を処方してもらいましょう。

腫瘍や病気によるもの

大腸がんや突発性大腸炎・過敏性大腸炎など大腸の腫瘍・病気や、会陰ヘルニアや肛門狭窄など肛門周辺の腫瘍・病気、胃や肝臓の病気などが考えられます。

特に色の黒い血便の場合は、すぐに動物病院を受診しましょう。またネギや玉ねぎを食べてしまったことによる中毒症状として血便が出ることもあります。

普段からできる予防策とは

では、愛犬が血便をしないように日頃からどんなことに気をつけていれば良いのでしょうか。ちょっとした心がけが重要な予防策になることもあります。普段から以下の予防策を意識しましょう。

定期的なワクチン接種

犬パルボウイルス感染症や犬コロナウイルス感染症などを防ぐために、1年に1~2回など定期的にワクチンを接種しましょう。

特に子犬の頃はウイルスに弱いため、ぜひ積極的にワクチンを接種してください。

食器の衛生に気をつける

犬の食器の放置や使いまわしは、ウイルスや寄生虫に感染する可能性を高めてしまいます。

特に多頭飼いの場合は二次感染を防ぐためにも、食器を常に清潔にするよう意識しましょう。食べ残しや飲み残しも片付けるようにしてください。

過度なストレスを与えない

ストレスを感じると、急性大腸炎を引き起こす可能性があります。大きな声や音でビックリさせないよう心がけたり、たくさん運動させてあげたりしてください。

特に引越しや新しいペットを飼う時など環境が変わる際はストレスを感じやすいので、なるべくこまめに接してあげましょう。

まとめ

犬は比較的血便が出やすいものですが、普段の心がけで予防することも可能です。血便が出た時は、慌てずにワンちゃんが元気かどうかも併せて確認してください。

また血の色が黒い時や血便が何日も治まらない時は、すぐに動物病院を受診しましょう。

関連記事

犬の健康状態をチェックするにはどこを見ればいいの?
年齢に応じて食事を変えよう!犬の健康的な食事方法とは
馬肉ドッグフードは健康的!でもアレルギーを起こすことはあるの?

商品のお届けについて

必ずお読み下さい

「健康いぬ生活」では、馬肉をメインに日本全国の厳選した原材料を使用しています。ずっと使い続けていただきたい。その一心から少しでも販売価格を抑えるため、少人数で運営しています。そのため、ご注文日から発送まで2~3営業日ほどいただいています。

発送までに2~3営業日かかることをご了承いただける方のみご注文ください。

※営業日とは:土日祝日を除く平日となります

事前に定期便へご注文をいただいているお客様には、指定の日にちにお届けしています。

返品・交換について

商品の返品交換につきましては、下記日程以内にご連絡お願いいたします。
■常温商品・・・到着後8日以内
■クール商品・・・到着後3日以内

  • ・商品の特性上、未開封のものに限ります。事前にスタッフまでご連絡ください。
  • ・お客様のご都合による場合、返送料・手数料はお客様のご負担とさせていただきます。
  • ・配送中の汚損や不良品、ご注文と異なった商品が届いた場合、返送料・手数料は当社が負担いたします。

ご注文方法について

ご注文は24時間受け付けております
このホームページでのご注文、お問い合わせは、年中無休24時間お受けしております。土日祝日または臨時休業日のメールでのお問い合わせ、受注確認は翌営業日となります。

お電話でのご注文について

・通話料無料のフリーダイヤル(下記)をご利用下さい。
・営業時間/午前9:00~午後6:00
・定休日/土日祝日 但し、年始など、臨時休業する場合があります。
TEL 0120-397-111 / FAX 096-223-5135

住所

〒860-0863
熊本県熊本市中央区坪井6-38-15 建峰ビル5F
株式会社利他フーズ 健康いぬ生活事業部

配送について

1配送8,000円以上のお買い上げで送料無料

8,000円(税込)未満の場合は下記となります。

商品 発送方法 送料
常温商品 佐川急便 680円(税込)
冷凍商品 ヤマトクール便 1,080円(税込)

※ゆうパケットでの発送の場合、郵便受けへのお届けとなります。
 お届け日のご指定はできませんので予めご了承ください。
 郵便受けに入らない場合は持ち戻りとなり、不在票が入ります。
 再配達をご依頼の上、手渡しにてお受け取りください。

※沖縄・離島のお客様は別途「通常送料+500円(税込)」頂いております。

お支払い方法について

クレジットカード決済

利用できるカード会社
VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERSのカードがご利用可能です。
弊社ではSSLというシステムを利用しておりますので、カード番号は暗号化されて送信されます。ご安心下さい。

代金引換

商品到着時に配送業者の方へ現金にてお支払いください。
代引手数料390円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物で代引手数料無料

NP後払い決済

NP後払い手数料205円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物でNP後払い手数料無料

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で後払いできる安心・簡単な決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願います。

ご注意

後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で54,000円(税込)迄となります。

TOP