ドッグフードを選ぶとき、外国産を選ぶ人も多いでしょう。これは、国産のドッグフードは評判が良くないため。その理由は安全基準が低いからとされていますが、なかには優良なものもあります。優良なドッグフードを選ぶおすすめの方法について紹介します。

国産のドッグフードは安全基準が低い

国産のドッグフードの評判が悪い理由としては、添加物が関係しています。国産は安全基準が低く、添加物が多い可能性があるのです。

人が食べるものだと国産の食材のほうが、人気がありますよね。しかし、ドッグフードに関しては違います。それは、ドッグフードに使用される添加物に対する規制が犬と人間とは異なるからです。

日本ではドッグフードは食品としてではなく雑貨に該当します。そのため、安全基準がゆるくなっているのです。犬にとってアレルギーや体調不良などの原因となる添加物が表示されていないケースや、無添加と表示されていながら添加物が含まれている、ということもあります。

一方、外国産のドッグフードは食品に該当し、安全基準も厳しいです。そのため、国産のドッグフードよりも安全だといわれています。

国産でも優良なドッグフードはある

外国産のほうが安全といわれているドッグフードですが、国産のドッグフードがすべて危険なわけではありません。

格安で売られているドッグフードには、添加物が多く含まれていることも多く、日本の低い安全基準にギリギリで通っているようなものもあります。

しかし、すべてがそうとは限らず、国産のドッグフードのなかにも、しっかりと犬のことを考えて作られている商品は多いです。実際、優良な商品が多い馬肉ドッグフードは、そのほとんどが国産となっています。

海外と比べるとドッグフードの安全基準は確かにゆるいですが、日本においてペットフードの安全性に対する意識は決して低いものではありません。現在、国内で販売されているペットフードには、日本国内の基準が適用されています。

その基準に達しないものや、有害物質を含んだペットフードは流通できないようになっているのです。なかでも、エトキシキンや亜硝酸ナトリウム、BHA、BHTといった危険な添加物には使用制限が設けられています。

ドッグフードを購入する際には、国産か外国産かという比較も必要ですが、まずは使用されている原料をチェックすることが大切です。

優良ドッグフードの選び方

国産と外国産、どちらがおすすめかというのは一概にはいえませんが、栄養成分や商品の説明をチェックして、良し悪しが判断できれば、選択の幅も広がります。犬の健康に良いドッグフードを見極めるチェックポイントをおさえておきましょう。

無添加

添加物は保存状態を良くしたり、見た目を良くしたりするためなどに使用されるものです。しかし、これらの添加物が多く含まれていると、アレルギーを起こしたり、下痢や便秘、嘔吐など体調不良を起こしたりします。

肉類中心

犬は肉食です。そのため、犬に必要な栄養素は肉の主成分である動物性タンパク質。肉類が中心であれば消化・吸収も良く、アミノ酸もたっぷり摂ることができます。

穀物は控えめ

穀物は安く、大量に生産できるため、ドッグフードには多く含まれていることが多いです。しかし、穀物は犬にとっては消化しにくいものです。

全体の安全性

危険な原材料が使用されず、人間でも食べられる食材のみを使用しているレベルであることも大事です。製造過程では衛生管理がしっかり行き届き、安全性の高いドッグフードが製造されていることも確認しましょう。

国産のドッグフードのなかで、優良なドッグフードを選ぶポイントは無添加であり、ヒューマングレードであることなどです。ワンちゃんの健康のためにも一度ドッグフード選びの基準を見直してみるのも良いかもしれません。

関連記事

ドッグフードでワンちゃんの食いつきが変わる?評判の良い悪いからわかる違い
ドッグフードを手作りしよう!注意しておくべきポイントとは?