フード

ダイエットさせたい!肥満の犬にはこんなドッグフードを

もし愛犬が肥満になってしまったら、日ごろの食事をきちんとコントロールする必要があるでしょう。

そのままいつもの食事を与え続けていると、肥満がさらに進行してしまう可能性があります。愛犬が長く健康でいるために、ドッグフードを見直してみましょう。

犬が肥満になってしまう5つの原因

犬は、生活環境や食事などの影響で肥満になってしまいます。その主な原因は以下のとおりです。

運動をしない

運動不足の状態では、食事やおやつで摂取したカロリーをうまく消費することができません。そして肥満になるとさらに運動をしたがらなくなってしまいます。

食べすぎ

普段の食事に加えて、おやつを食べすぎると摂取カロリーが多くなり、適度な運動をさせていても消費しきれなくなります。

年をとった

犬も人間と同じように、年をとると基礎代謝が落ち、エネルギーが消費されにくくなります。そのため、若いときと同じ食事量でも肥満のリスクが高まってしまいます。

去勢・避妊手術を受けた

去勢や避妊の手術を受けると、ホルモンの分泌に変化が起こります。その結果、食欲が増えたり基礎代謝が落ちたりすることがあります。

内分泌系の病気がある

内分泌系の病気を患っている場合、代謝がうまく行われなくなる影響で太ることがあります。

肥満の犬に与える食事はこんなことに注意

もし愛犬が肥満になってしまったら、いつもの食事やおやつをコントロールするのが飼い主の役目です。では、肥満の犬に与える食事やおやつのポイントを挙げていきましょう。

食事の量やタイミングを変える

通常、ドッグフードのパッケージには、犬の体重や種類によって与える量が記載されています。しかし、もしかしたらその量が自分の愛犬には多いのかもしれません。

食事を与えるときに、獣医と相談の上少しずつ量を減らしてみましょう。また、1日の摂取カロリーを減らした上で、食事の回数を増やすのも効果的です。

低カロリーのドッグフードにしてみる

ドッグフードの中には、低カロリーや低脂肪のものも多くあります。牛肉や豚肉などを原料としたドッグフードから、馬肉などを原料にしたものに切り替えるのもオススメです。

ただし、突然すべて変えてしまうと犬が体調を崩すこともありますから、これまで食べていたものと混ぜながら少しずつ変えていくようにします。

ドッグフードをかさ増しする

いつものドッグフードの量を減らして、そこにゆでた野菜やゆで汁を加えてあげると、カロリーは減りますが食べる量が増えるので、犬も満腹感を得やすくなります。

おやつの量やタイミングを変える

食事のほかに、おやつを与えすぎてもやはり肥満のリスクが高まります。そのため、おやつの量を減らすのも有効です。

ただし、全く与えなくなると犬にストレスがかかってしまうため、徐々に量を減らすのがポイントです。また、食事と同様に量を減らしながら与える回数を多くするのもいいでしょう。

肥満の犬に適したドッグフードの選び方

では、肥満の犬に適したドッグフードはどのように選べばいいのでしょうか。

すでに太ってしまった犬もそうですが、去勢や避妊手術をした犬はホルモンバランスの影響により太りやすくなっていますから、いずれの場合もダイエットに適したものを選んでください。

具体的には、穀物などの炭水化物を過剰に含まないものがいいでしょう。ドッグフードの中には、量を増やすために穀物を原料に使用しているものがあります。

もちろん、栄養価の観点からバランスが保たれていればいいですが、これが過剰に含まれていると炭水化物=糖質の摂りすぎとなってしまい、太りやすくなってしまいます。

そのため、ドッグフードの主原料は低カロリーで高タンパクの肉を使用したものを選ぶようにします。

特に、肉の中でもタンパク質が豊富でアレルギ―の心配が少ない、馬肉を使ったドッグフードがオススメです。

さらに馬肉なら、ビタミンやミネラルなどの栄養素もたくさん含まれていますから、栄養バランスの面でも万全です。

まとめ

犬は自分で体調管理ができません。愛犬の状態に合わせて食事やおやつを工夫し、適度な運動も交えて健康を守ってあげましょう。

愛犬の生活習慣は、飼い主がしっかり管理してあげてくださいね。

犬に必要な栄養素って?健康にいいドッグフードを選ぶには

ドッグフードを選ぶ基準は、飼い主さんにとってさまざまだと思います。価格・知名度などを重要視して選ぶ方も多いでしょう。

では、愛犬の健康を第一に考えた場合、ドッグフードはどのように選べば良いのでしょうか?考えておきたいポイントを紹介します。

動物の体に必要な栄養素

まず、犬に必要な栄養素を把握しておきましょう。必要な栄養素は以下の通りです。

・炭水化物
人間にとって炭水化物は、もっとも必要量の多い栄養素です。摂取カロリーの50%~65%を炭水化物で摂取するのが理想とされています。

犬にとってはそこまで大量に必要な栄養素ではありませんが、ある程度は摂取しなければなりません。

炭水化物を摂取すると、たんぱく質から効率的にアミノ酸をとり込むことができるようになります。

・脂質
脂質はカロリーが高いため、成長期の犬には特に重要な栄養素です。また、脂質が多いフードはコクやうまみが強く、食い付きが良くなりやすいという特長もあります。

脂質が不足すると、毛の光沢が失われたり、皮膚炎になることがあります。また、繁殖機能も抑えられてしまいますし、妊娠中の脂質不足は子供に悪影響が出やすくなるようです。

ただ、逆に脂質を摂りすぎると肥満や急性膵臓炎の原因になってしまうので、バランスが大切です。

・たんぱく質
本来肉食である犬にとって、もっとも大切な栄養素がたんぱく質です。筋肉はもちろん、毛や皮膚、爪、、骨など、カラダ全体をつくる源になります。

食べて補う必要がある「必須アミノ酸」は、犬の場合10種類あります。この必須アミノ酸は、たんぱく質を摂取することで補うことができます。

脂肪と同じで、たんぱく質が不足した場合は毛のツヤがなくなったり、筋肉が衰えてしまったりします。

・ビタミン・ミネラル
ビタミン・ミネラルは体の調子を整えたり、機能を維持したりする役割を持っています。ドッグフードには既に適切な量が含まれているので、あえてビタミンを多く与える必要はないでしょう。

逆に多く与えすぎてしまうと、過剰症の恐れがあります。副作用や中毒症状が起きるケースもあるので、適切な量を守るようにしてください。

人間の食事を与えない事の大切さ

人間の食事を犬に与えることは大きなリスクを伴います。栄養の過不足をはじめとして、健康に害を与える食品が含まれているかもしれません。

・犬に与えてるのがNGな食べ物
犬に与えると危険な食べ物としては、ネギにんにくなどの香味野菜、カカオ製品、ぶどう、アボカド、生タマゴの白身などがあります。これらは大変危険で、命に関わる場合もあります。

また、イカ、たこ、加工食品や乳製品なども、たくさん食べると嘔吐や下痢の原因になります。できれば与えない方がいいでしょう。

・ワンちゃんに合わせた栄養バランスを
特に手作りのフードを与えている場合には、NG食品だけでなくワンちゃんのカラダに合わせた栄養バランスを考えてあげる必要があります。

人間とは必要な栄養素が似ていますが、適切なバランスは違います。もし手作りフードを与えているのであれば、ワンちゃんに過不足なく栄養を届けるために、栄養バランスを考えた専用のフードを作ってあげてください。

成長に合わせて栄養バランスを考える

どんなフードを使用するにしても、成長に合わせて十分に栄養を摂れるようにすることが大切です。

ライフステージごとに、必要なカロリーや栄養バランスは変わってきます。

例えば、子犬は成長するために、成犬の2倍程度たんぱく質が必要になります。また少ない量でも十分なカロリーを得るために、脂質も豊富に含まれているのが理想です。

逆に老犬は、消費カロリーが少なくなるので、脂質を摂りすぎると肥満になりやすくなってしまいます。しかしカラダの維持にたんぱく質は必要なので、低脂肪高タンパクの食事が理想とされています。

このように、カラダの大きさやライフステージで、最適な食事が大きく変わるので、愛犬に最適な食事をしっかり考えてあげてくださいね。

まとめ

大切なワンちゃんの健康のためには、食事選びが大切です。人間の食べものでも犬は食べられないこともあるので注意しましょう。

必要な栄養素や栄養バランスも人間とは違うので、正しく選んであげましょう。

カロリーを気にしていますか?犬におすすめのダイエットフードとは

人間と同じように、ワンちゃんも太ってしまうことがあります。犬の肥満は人間と比べてさらに健康被害が大きいため、放っておくとワンちゃんが病気や体調不良に悩まされることも。そのため、しっかりとダイエットに取り組むことが必要です。

それには運動も大切ですが、ドッグフード選びも欠かせないところ。犬に良いドッグフードを選び、健康的なライフスタイルを目指しましょう。

犬の肥満はドッグフードが原因の場合が多い

「あれ、最近太ってきたかな?」と愛犬のぽっちゃりを感じたら、それはもしかすると、ドッグフードが原因かもしれません。犬は散歩をするなど運動量はしっかりしていますから、食事が原因になることが多いのです。

たとえば、ドッグフードを規定より多く与えていたりしませんか? 食べすぎは単純に肥満を誘因してしまうことになります。分量を見直す必要があるでしょう。

また、ドッグフードで注意しておきたいのは、分量だけではなく質も同じこと。現在ではじつにさまざまなドッグフードが販売されています。それは犬のサイズや犬種、好みが分かれているからですが、カロリーが高い、脂質が多すぎる、余計な添加物がたくさん入っているというものも。

カロリーが高かったり脂質が多すぎたりするものは、それだけで犬を太りやすくしてしまいます。低カロリーで栄養価の高いものを選ぶようにしましょう。それ以外にも、安価すぎるドッグフードは品質が低い可能性があるので要注意です。

余計な添加物がたくさん入っていて、結果としてワンちゃんの消化が悪くなったり、太りやすくなったりすることもあります。また、不要な原料が多く入っているゆえに、本当に摂取したい栄養分が不足していることも。

犬も人間と同じで、食生活によって太りやすくなったり、逆に健康的になったりします。だからこそ、ワンちゃんのことを考えてドッグフードを選ぶことがとても重要になるのです。

ドッグフードを選ぶときの基準

ワンちゃんの食事にはできるだけ気をつかいたいという話をしてきましたが、ではいったいどんなドッグフードを選べば良いのでしょうか。

それには、「副産物の少ないもの」「高たんぱくで低脂肪」「添加物の少ないもの」の3つのポイントに注目する必要があります。順番に見ていきましょう。

まず、副産物が少ないものを選びましょう。副産物とは、主に肉などを扱う場合に使われます。たとえば鶏の副産物といえば、鶏のなかで一般的に食肉として扱われている部分ではなく、食肉を加工する際に出てきた通常では捨てる部分、つまり副次的にできた余った部分のこと。

人間の基準でいうなら絶対に食べられないものなのですが、家畜やペットのエサには使われることがあるのです。副産物には、食肉には入らないような雑菌や余計な成分が入っているなど、衛生的にも健康的にもよくないものばかり。できるだけ入っていないものを選びましょう。

それから、高たんぱくで低カロリーのものを選ぶことが大切です。犬は肉食として知られており、肉に入っているたんぱく質が元気の源となっています。だから、たっぷりとたんぱく質が入っていることがドッグフードとしてとても重要なことなのです。

しかし、高たんぱく質ばかりにこだわっていると、カロリーが高くなってしまうことも。馬肉のドッグフードなど、高たんぱく質で低カロリーなものであれば、太りにくく栄養を豊富に摂取できます。

最後に、添加物が少ないものを選ぶことも忘れてはいけません。たとえばドッグフードは、ワンちゃんの食欲をそそるために、着色料で彩り豊かにしたり、香料を足したりしているケースも多くあります。

しかし、添加物は体に害を与えるもの。できるだけ避けたほうが良いです。最近のドッグフードは無添加のものも多く出ていますから、添加物の入っていないものを選びましょう。

ワンちゃんのドッグフードはいろいろな種類が販売されていますが、そのどれもがワンちゃんの健康に良いというわけではなく、ときには太りやすくしたり、健康を害してしまったりするものもあります。だからこそ、ドッグフード選びにはこだわり、ダイエットや健康を意識したものにするのが良いでしょう。

関連記事

太り過ぎに要注意!犬にもダイエット食をあげよう
まとめ買いなら通販がお得!ドッグフードを通販で買うメリット
ドッグフードは犬種で選ぶ!適切なドッグフードの選び方

馬肉ドッグフードは安全?犬のアレルギーについて紹介

犬にはアレルギーがあります。皮膚が赤くなる、体にかゆみが出る、下痢になる、などといった症状が馬肉などのフードを食べたことが原因で出るのは心配です。犬のアレルギーについての知識を深めて、犬の健康を守りましょう。

そもそもアレルギーってなに?

花粉症やアトピー性皮膚炎など、アレルギーに悩まされている人も多いでしょう。アレルギーとはなにかの物質に対する過剰反応です。体にはウイルスや細菌などの異物が侵入したとき、体内に抗体が作られて、異物を排除しようとします。これが免疫反応です。

この免疫反応が、体内に侵入してきた花粉やホコリ、フードなどに対して、有害だから排除しなければならない、と過剰に反応して攻撃をするのです。本来であれば体を守ってくれるはずの免疫反応が、自分自身を傷つけるアレルギー反応になってしまうことがあるのです。

このアレルギー反応は人間だけではなく、犬にもあります。花粉症になる犬も多く、その場合は皮膚に症状が出ることが多いです。食べ物もアレルゲンのひとつですが、犬も食べ物によってアレルギーを起こすことがあります。馬肉は他のお肉と比べて比較的にアレルギーを起こしにくいフードと言われていますが、体質によっては注意が必要です。

アレルギーの症状

人間のアレルギー症状もいろいろあるように、犬のアレルギー症状も、皮膚が赤くなる、目の周りが赤くなる、体をかゆがる、咳が出る、くしゃみが出る、鼻水が出る、さらには涙が出る、といった症状もあります。下痢や嘔吐、呼吸が苦しくなるなど、人間と同じような症状を起こすことも少なくありません。

中でも犬のアレルギーとしてはノミの唾液中に含まれるたんぱく質や花粉、ハウスダストなどさまざまなものがアレルゲンとなり、かゆみや発疹、発赤、脱毛などの症状を引き起こします。食事や呼吸によってアレルゲンが体内に入ると、皮膚トラブルを起こすこともあります。

犬は人よりも皮膚が薄く、デリケートです。犬が花粉症になった場合は、体を床や壁にこすりつけたり、顔をかきむしったりすることも。さらに色素沈着を起こしたり、目の周りの毛が抜けたりすることもあります。

また、フケが出る、足の裏や指の間など、執拗になめたり、かんだりする、という症状が見られたら、獣医さんに相談してみましょう。

アレルギーの原因と考えられるもの

犬のアレルギー対策のためには、アレルゲンを見つけることが大切です。しかし、犬のアレルギーの原因はさまざま。一般的にはドッグフードの中に入っているお肉や小麦、とうもろこしが原因となることが多いようです。

ほかにもハウスダストや花粉、ノミなどもアレルギーの原因になります。さらに遺伝や環境などによって、アレルギーを発症することも多く、アレルゲンを特定するのは難しいようです。

ドッグフードにはスパイスや添加物などが含まれていることも多く、それがアレルゲンとなることもあります。どのような食材もアレルゲンとなりえるため、低アレルギーといわれているものでも体質によってはアレルギーを引き起こすことも。

食物アレルゲンを特定するには、動物病院でアレルゲン検査をしてもらう方法があります。それを行うことで、アレルギーを特定できる可能性もあるので、犬のアレルギー症状が心配な場合は、検査をしてみるといいでしょう。

人間と同様、犬にもアレルギーがあります。ドッグフードに含まれる添加物や食材がアレルギーの原因となることもあるため、食べさせるものには注意が必要です。

「馬肉自然づくり」は、お肉の中でも比較的にアレルギーが少ない馬肉を使ったドッグフード。保存料や着色料、香料、添加物は使っていないので、アレルギーを心配する方にもおすすめです。

関連記事

年齢に応じて食事を変えよう!犬の健康的な食事方法とは
強いかゆみに注意!犬のアレルギーの代表的な症状と原因とは?

商品のお届けについて

必ずお読み下さい

「健康いぬ生活」では、馬肉をメインに日本全国の厳選した原材料を使用しています。
ずっと使い続けていただきたい。その一心から少しでも販売価格を抑えるため、少人数で運営しています。そのため、ご注文日から発送まで2~3営業日ほどいただいています。

発送までに2~3営業日かかることをご了承いただける方のみご注文ください。

※営業日とは:土日祝日を除く平日となります

事前に定期便へご注文をいただいているお客様には、指定の日にちにお届けしています。

ご注文方法について

・カートからご注文:24時間受付

・お電話でのご注文
TEL:0120-397-111
【受付時間9:00~18:00】土日祝休み

お支払い方法について

クレジットカード決済

利用できるカード会社
VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERSのカードがご利用可能です。
弊社ではSSLというシステムを利用しておりますので、カード番号は暗号化されて送信されます。ご安心下さい。

代金引換

商品到着時に配送業者の方へ現金にてお支払いください。
代引手数料390円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物で代引手数料無料

NP後払い決済

NP後払い
ご利用いただけます。
NP後払い手数料205円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物でNP後払い手数料無料

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で後払いできる安心・簡単な決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願います。

ご注意

後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で54,000円(税込)迄となります。

返品・交換について

商品の返品交換につきましては、商品到着後8日以内にお願いいたします。
商品の特性上、未開封のものに限ります。事前にスタッフまでご連絡ください。
・お客様のご都合による場合、返送料・手数料はお客様のご負担とさせていただきます。
・配送中の汚損や不良品、ご注文と異なった商品が届いた場合、返送料・手数料は当社が負担いたします。

お問い合わせ

株式会社 利他フーズ 健康いぬ生活事業部
代表 倉崎 好太郎
〒860-0863
熊本県熊本市中央区坪井6-38-15 建峰ビル5F
TEL  0120-397-111
FAX  096-223-5135

受付時間9:00~18:00 土日祝休み

送料について

送料600円(税込)でお届けいたします。
送料無料対象の商品は500円(税込)となります。

配送会社は日本郵便となります。
ゆうパックにて配送いたします。
お試し商品に関しましては、ゆうパケットにて発送しております。

※ゆうパケットでの発送の場合、郵便受けへのお届けとなります。
お届け日のご指定はできませんので予めご了承ください。
郵便受けに入らない場合は持ち戻りとなり、不在票が入ります。
再配達をご依頼の上、手渡しにてお受け取りください。

※沖縄県・離島は通常1,100円(税込)
送料無料対象の商品は500円(税込)となります。

生肉の場合

ヤマト宅急便の冷凍便でお届けいたします。
商品到着後はすぐに冷凍庫に入れて保管ください。
※冷凍便の商品は通常商品と同梱できませんのでご了承ください。

冷凍便の送料

送料980円(税込)
※沖縄県・離島は通常1,480円(税込)
送料無料対象の商品は500円(税込)となります。

個人情報について

当サイトのご利用を通じてお預かりしたお客様の個人情報(住所、氏名、電話FAX番号、メールアドレス)は、 当店の顧客管理業務・商品発送業務以外の目的には使用いたしません。
又、裁判所・警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外の第三者への譲渡は一切ございませんのでご安心してご利用くださいませ。

セキュリティSSLについて

当サイトのショッピングカートはジオトラスト社のRapidSSLという暗号技術により保護されています。