元気で長生きしてもらうために。病気のリスクを下げる老犬の健康管理

犬も年齢を重ねるとともに病気のリスクが高まり、様々な不調が出てきます。しかし大切なペットには、できるだけ元気に長生きしてもらいたいですよね。

そこで老犬をなるべく病気から遠ざけ、健康的に過ごしてもらうための健康管理についてご紹介していきます。

6~8歳頃から老化が始まる

まず、犬は何歳頃からシニアと呼べるのでしょうか。これは犬種や体の大きさによって異なります。

人間の場合は65歳以上を高齢者と呼ぶひとつの目安としていますが、犬の場合はおおよそ小型犬や中型犬は8歳から、大型犬は6歳から老齢期と覚えておきましょう。

子犬の頃の成長は小型犬の方が早いのですが、その後は大型犬の方が成長が早く、老犬になる年齢も早いとされています。

犬の場合、成犬になってからは見た目があまり変わらないので、愛犬がシニアに突入していることに気がつきにくいかもしれません。

しかし体の老いは少しずつ健康面に現れてきます。体力が落ちて運動量が減ったり、足腰が弱くなったり。食が細くなったり、夜眠れなくなったり。

筋肉量や消化機能の低下により、失禁や便秘を起こすこともあります。また体温調節が難しくなり、寒さや関節の痛みによる震えを起こすことも。

そして老化を原因とする、がんや心臓病といった病気にかかってしまうこともあります。愛犬の様子がこれまでと違うと感じたら、それは老化現象かもしれません。

老犬の健康管理に大切な6つのポイント

では、年をとってからもなるべく健康的に過ごしてもらうにはどうしたら良いのでしょうか。元気に長生きしてもらうには、日頃の健康管理が大切になります。

老犬に必要な6つの健康管理方法をご紹介しましょう。

1.定期的な健康診断

老犬になると、老化を原因とする様々な疾患にかかりやすくなります。初期には症状が出にくい病気も多いので、元気そうに見えても定期的に健診を受けるようにしましょう。

2.ワクチンの接種

ワクチンの接種によって、重篤な感染症を防ぐことができます。ただ体力的に心配という飼い主さんは、混合ワクチンの場合5種や8種など種類があるので獣医師に相談しましょう。

3.肥満を防ぐ生活習慣、食生活

肥満は心臓に負担をかけて足腰を弱める、あらゆる病気のもとです。高カロリーな食事を抑えて栄養バランスの良い食生活を心がけ、適度な運動を促しましょう。

4.歯石のチェックと除去、予防

犬も歯周病になり、歯が抜けてしまうことがあります。特に小型犬は歯が小さく、歯石がたまりがち。日頃から歯磨きを心がけ、歯石がひどい場合は獣医師に除去してもらいましょう。

5.ストレスを与えない

ストレスは心身の病気のもとであり、老化を進めてしまうこともあります。たとえ失禁しても大声で怒鳴ったりしてはいけません。

おもちゃで遊んだり散歩にでかけたりしてストレスを解消してあげましょう。

6.避妊や去勢手術

避妊・去勢手術は、子犬を増やさないというだけでなく生殖器関連・ホルモン関連の病気の予防になります。

病気のリスクを下げるためにも、獣医師と相談して行うと良いでしょう。

老犬になったら子犬の時とは違う対応を

愛犬が老犬になってしまった時、あるいは今飼っている愛犬が老犬になる未来を見据えて、自分にできることは何かをしっかりと考えましょう。

そのために必要なことは、知識をつけることです。老犬とはどんな状態か、必要なことは何か、獣医師さんと相談しながら探っていきましょう。

老犬を飼う時の代表的な注意点は以下のとおりです。

散歩などの運動のサポート

年をとるとあまり散歩に行きたがらなくなるかもしれません。しかし適度な運動は必要です。

ゆっくりと歩く、足腰に負担の少ない芝生や土の上を歩く、体調によってコースを短くする、カートに乗せるなどサポートしてあげましょう。

あまり歩けないほど足腰が弱っている場合でも、ぜひ抱っこしてお気に入りの場所まで連れていってあげてください。

食事の与え方

食が細くなっても充分な栄養が摂取できるように栄養分の高いフードを与えたり、消化機能が低下していても消化しやすいように柔らかいフードを与えたりと工夫しましょう。

また、脱水にならないよう水分補給も心がけてください。

健康管理

定期的な健診やワクチン接種はもちろん、愛犬が落ち着いてくつろぐことのできる空間づくりも大切です。安心できるハウスを用意してあげるのもひとつの手。

またブラッシングなどで触れ合ったりすると健康状態がわかりやすくなります。

まとめ

愛犬の老化は、飼い主としてはなかなか直視しにくいものかもしれません。しかし大切な家族だからこそ、最後まで健康かつ幸せに暮らしてもらいたいですよね。

そのためにも、飼い主が老犬に関する知識をしっかりと深めておくと良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

商品のお届けについて

必ずお読み下さい

「健康いぬ生活」では、馬肉をメインに日本全国の厳選した原材料を使用しています。
ずっと使い続けていただきたい。その一心から少しでも販売価格を抑えるため、少人数で運営しています。そのため、ご注文日から発送まで2~3営業日ほどいただいています。

発送までに2~3営業日かかることをご了承いただける方のみご注文ください。

※営業日とは:土日祝日を除く平日となります

事前に定期便へご注文をいただいているお客様には、指定の日にちにお届けしています。

ご注文方法について

・カートからご注文:24時間受付

・お電話でのご注文
TEL:0120-397-111
【受付時間9:00~18:00】土日祝休み

お支払い方法について

クレジットカード決済

利用できるカード会社
VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERSのカードがご利用可能です。
弊社ではSSLというシステムを利用しておりますので、カード番号は暗号化されて送信されます。ご安心下さい。

代金引換

商品到着時に配送業者の方へ現金にてお支払いください。
代引手数料390円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物で代引手数料無料

NP後払い決済

NP後払い
ご利用いただけます。
NP後払い手数料205円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物でNP後払い手数料無料

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で後払いできる安心・簡単な決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願います。

ご注意

後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で54,000円(税込)迄となります。

返品・交換について

商品の返品交換につきましては、商品到着後8日以内にお願いいたします。
商品の特性上、未開封のものに限ります。事前にスタッフまでご連絡ください。
・お客様のご都合による場合、返送料・手数料はお客様のご負担とさせていただきます。
・配送中の汚損や不良品、ご注文と異なった商品が届いた場合、返送料・手数料は当社が負担いたします。

お問い合わせ

株式会社 利他フーズ 健康いぬ生活事業部
代表 倉崎 好太郎
〒860-0863
熊本県熊本市中央区坪井6-38-15 建峰ビル5F
TEL  0120-397-111
FAX  096-223-5135

受付時間9:00~18:00 土日祝休み

送料について

送料600円(税込)でお届けいたします。
送料無料対象の商品は500円(税込)となります。

配送会社は日本郵便となります。
ゆうパックにて配送いたします。
お試し商品に関しましては、ゆうパケットにて発送しております。

※ゆうパケットでの発送の場合、郵便受けへのお届けとなります。
お届け日のご指定はできませんので予めご了承ください。
郵便受けに入らない場合は持ち戻りとなり、不在票が入ります。
再配達をご依頼の上、手渡しにてお受け取りください。

※沖縄県・離島は通常1,100円(税込)
送料無料対象の商品は500円(税込)となります。

生肉の場合

ヤマト宅急便の冷凍便でお届けいたします。
商品到着後はすぐに冷凍庫に入れて保管ください。
※冷凍便の商品は通常商品と同梱できませんのでご了承ください。

冷凍便の送料

送料980円(税込)
※沖縄県・離島は通常1,480円(税込)
送料無料対象の商品は500円(税込)となります。

個人情報について

当サイトのご利用を通じてお預かりしたお客様の個人情報(住所、氏名、電話FAX番号、メールアドレス)は、 当店の顧客管理業務・商品発送業務以外の目的には使用いたしません。
又、裁判所・警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外の第三者への譲渡は一切ございませんのでご安心してご利用くださいませ。

セキュリティSSLについて

当サイトのショッピングカートはジオトラスト社のRapidSSLという暗号技術により保護されています。