ドッグフード

ドッグフードでワンちゃんの食いつきが変わる?評判の良い悪いからわかる違い

さまざまなドッグフードがあるなかで、評判の良いドッグフードは、愛犬の食いつきがいい、体調が悪くならない、といったものが挙げられます。ここでは、簡単に評判の良いドッグフードと、そうでないものについて特徴をまとめてみました。

ドッグフードは栄養価と食べ応えが大切

お家で飼っている犬は、家族も同然ですから長生きしてほしいもの。毎日の食事で健康を保つのにも欠かせないドッグフードを選ぶときには、体調が悪くならない愛犬の食いつきがいいといった部分を重視している方がほとんどですよね。

そうした方が注目していて評判が良いドッグフードは、無添加オーガニックとうたわれる商品です。人間にとっても添加物が配合されている食べ物は、体調不良やアレルギーの原因になりますよね? 犬にとっても同じことが言えます。だから香料や着色料などには注意して選ぶことが大切なんです。

また、ドッグフードの原材料にも注意しましょう。評判の良いドッグフードは、さまざまな栄養素がバランスよく含まれています。

しかし、かといって栄養面ばかりに注目したドッグフードが必ずしも評判の良いものとは限りません。

確かに、無添加で栄養も考えられた原材料が使われているものは健康を保つために大切なことですが、一方で栄養価がいくら高くても、あまり食べてくれないのでは意味がないからです。そこで、栄養はもちろんドッグフードのなかでも犬が喜んで食べてくれるものを選ぶようにしましょう。

自分が食べる食事も、できれば栄養だけじゃなく噛み応えや味わい深さがあると嬉しいものです。これはワンちゃんも同じですから、ドッグフードもジューシーさやおいしさも考えて作られたものを選ぶと良いでしょう。

実際にこうした健康面にも配慮されつつ食べ応えもあるドッグフードが、評判も高く良質なものと言えます。

健康的なイメージのある大豆や穀物はNG?

評判のあまり良くないドッグフードは、さきほど挙げたような特徴を持つものとは逆の商品。つまり、犬が喜んで食べない、お腹がゆるくなってしまう、体臭がするようになった、量が少ないといった声が目立つドッグフードです。

こうしたドッグフードを与えてしまった方のなかには、もっと健康に気をつかったものを選べば良かった……と後悔している方もいるかもしれません。そうならないためにも、どのようなドッグフードが健康に良くないとされているのかを見てみましょう。

まず一つ目は、原材料が大豆のものです。大豆は健康食のイメージがあると思いますが、肉食である犬にとっては食べ慣れていないもの。そのため消化器官に負担がかかりやすいのです。

二つ目は、安く大量に生産できる穀物類を使用したドッグフードです。こうした製品のなかには、消化に時間がかかってしまうものもあります。特にトウモロコシには要注意。安く手に入るのでつい買ってしまいがちですが、外国産が多く品質が保証できないため不安である、という声もあります。

三つ目は、少し意外ですが、小麦を含むドッグフードです。穀物の代表格である小麦も、じつはワンちゃんにとっては、あまり良い食材ではないとされています。これは、グルテンによるアレルギーが心配されるためです。

ここまでの説明で、「穀類はすべてワンちゃんにとって悪いもの」という風に聞こえてしまったかもしれませんね。でも、そういうことではないんです。

評判の良くないドッグフードは、「原材料の種類」ではなく「原材料の品質」に問題がある場合もあります。例えば、含まれている穀類がすべて安物、添加物が大量に含まれているなどです。こういった場合、肉類がメイン原料になっていたとしても、ワンちゃんにとって悪影響になってしまうかもしれません。

逆に、肉類がメイン原料となっていて、原料の品質が高く、栄養バランスも考えられているドッグフードであれば、穀類が多少含まれていても大きな問題はないと考えられています。

もちろん、犬が穀類を消化しにくいというのは事実なので、穀類をメイン原料にしている商品は避けた方が良いですが、肉類がメインのドッグフードでも原料の品質まで考えて選ぶようにしましょう。

口コミでチェックして判断基準を作ろう

良い評判のドッグフードと悪い評判のドッグフードを、口コミから見てみるのも判断するうえでよい方法です。

実際に見てみると

  • 添加物を使用していない
  • 栄養バランスが良い
  • お肉が新鮮
といった商品に対する高評価が目立ちます。

評判の良し悪しはもちろんですが、犬と人間では食生活や体の仕組みが違うことや、逆に食に満足感が欲しいという点では一緒だと覚えておくと、ドッグフード選びもしやすくなるのではないでしょうか?

食いつきが良くなった、食欲が出たなどといった良い評判のドッグフードは、ジューシーで食べやすいという理由だけではなく、無添加で栄養バランスが取れているドッグフードだとわかります。原材料の品質とバランスに注意してドッグフードを選ぶようにしましょう。

おいしく食べられて、ワンちゃんが元気に過ごせるドッグフード「馬肉自然づくり」もお客様からご好評いただいています!

関連記事

犬のご飯に馬肉のドッグフードがおすすめな理由とは?
犬の健康を考えた食事にしよう!馬肉ドッグフードがおすすめの理由とは?
無添加の馬肉ドッグフードがおススメ!添加物の怖さを知る

犬にもダイエットが必要?適したフードの選び方

犬が太りすぎてしまうと、運動ができなくなるほか、命を縮めてしまうこともあります。そうなる前に、ダイエットをはじめましょう。おすすめのダイエットの方法やドッグフードの選び方について紹介します。

犬では食事制限が一般的

犬のダイエット方法には、人間と同様、運動や食事管理などがありますが、一般的なのは食事制限です。食事やおやつの量を減らしてカロリーコントロールをします。これは、犬が太りすぎてしまう原因が食事の与えすぎ、カロリーの摂りすぎのため。

人間の食べ物を与えていたり、おやつを与えすぎていたり、フードの量が多かったり、ということが太る原因なので、まずは食事を見直してみましょう。しかし、無理なダイエットは危険です。過度な食事制限で体重を急激に落とすと体調不良になることもあります。

会話ができない犬は、体調が悪くても訴えることができません。空腹感から、よく吠えるようになってしまうこともあります。また、カロリーを減らすことで栄養バランスが悪くならないよう注意することも必要です。

ダイエットが必要かどうかは、獣医さんに相談するのが良いでしょう。犬の肥満の測定方法にもいろいろありますが、獣医さんなら正確で安心です。

どんなドッグフードがいい?

ダイエット用のドッグフードも数多く販売されています。よく目にするのは、「減量用」と「体重維持用」ではないでしょうか。

「減量用」は太りすぎてしまった犬が、適正体重に戻すためにカロリーや栄養バランスを考えられて作られているフード。メーカーによってカロリーのカット率は異なりますが、一般的には成犬用フードの15%前後カロリーがカットされています。

「体重維持用」は、避妊や虚勢をした際に太りやすくなる体質の犬が、体重を適正に維持するために調整されたフード。「減量用」ほどカロリーはカットされていませんが、10%程度はカットされていることが多いです。

形状は通常のフードとあまり変わらないものが多いですが、なかにはよく噛み砕いてゆっくりと食事を促す目的からドーナツのようなリング型のものもあります。

ダイエット用のドッグフードの選ぶ際にはカロリーだけでなく、栄養素や原材料にも注意しましょう。タンパク質が多く低資質のものが多いですが、添加物などが含まれていないものだと安心です。

馬肉ドッグフードはダイエットに最適

ダイエットをしたい犬にとって馬肉ドッグフードはおすすめです。馬肉は、タンパク質が多く低脂肪です。カロリーは豚肉の約半分と、肥満の防止やダイエット効果が期待できます。また、代謝過程で必要な必須脂肪酸も豊富です。

さらに、馬肉ドッグフードは、血を作り体内の酵素活性に役立つ鉄分、カルシウム、細胞の代謝に必要なビタミンA、グリコーゲンなど栄養バランスに優れているドッグフード。少量でも、栄養不足になることはありません。

いくらダイエットに適したフードといっても、添加物が含まれているものは避けたいものです。その点、馬肉ドッグフードは、無添加で体に悪影響を与える添加物を含んでいません。衛生管理もしっかりしているものを選べば、安全で安心にダイエットができるでしょう。

ダイエットをはじめたことで体調を崩したり、アレルギーを発症したりしては、元も子もありません。ダイエットをする際には、犬に適したドッグフードを選ぶとともに、添加物や製造工程などにおいても確認しましょう。

ワンちゃんに長生きしてもらうために、時にはダイエットも必要になります。その際に、フード選びを間違ってしまうと健康を損なうことも。早く効果を出すことばかりを考えずに、健康的に痩せられる食品を選ぶことが大切です。

関連記事

ストレスのないダイエットを!ドッグフードを減らすときの注意点とは
太った犬は病気になりやすい!症状と対策方法を知ろう

無添加の馬肉ドッグフードがおススメ!添加物の怖さを知る

犬用の馬肉は無添加のものが多いです。しかし、ドッグフードには添加物が多く含まれているものも多く、アレルギーなどの原因になることも。添加物とはなにか? また、添加物が犬に与える悪影響について紹介します。

馬肉ドッグフードの多くは無添加

近年の健康ブームで、人間が口にする食材も無添加を選ぶほうが良い、といわれるようになりました。ドッグフードも同じで、犬に食べさせる食材も無添加がおすすめです。

その点、ドッグフードに良いといわれている馬肉は、ほとんどが無添加。これは、そもそも馬肉ドッグフードが、低価格で売ることを目的とせずに、真剣に犬の健康を最優先に考えて作られているためです。

無添加で作られているほか、馬肉の品質や鮮度、その他の食品との配合、衛生管理などさまざまな点に配慮し、犬の健康を考えて安全性の高いものが作られています。

もともと馬は敏感な動物で、添加物の多い飼料を受け付けにくく、馬肉自体の安全性も高いので安全な食材として注目されてきました。低カロリーで高タンパク、さらに無添加の馬肉は、犬の健康をキープしてくれる食材ということですね。

ドッグフードに使われている添加物

添加物という言葉はよく耳にすると思いますが、実際にはどのような添加物が含まれているのでしょうか?

そのひとつが酸化防止剤です。ドッグフードの酸化やカビを防ぎ、長持ちさせる役割があります。特に注意したい酸化防止剤をまとめてみました。

エトキシキン

日本では使用が認められたことのない、非常に強い抗酸化作用を持ちます。防腐力が強く安いため、海外のドッグフードで使われていることが多いです。

BHT

別名ジブチルヒドロキシトルエンと呼ばれ、石油用の酸化防止剤として使われています。

添加物の一種である着色料にも注意が必要です。色を鮮やかにして、美味しく見せる着色料には次のようなものがあります。

赤色40号

タール色素に分類される合成着色料です。日本では清涼飲料水やガム、キャンディなどにも使用されています。

青色2号

別名インジゴカルビンと呼ばれ、タール色素に分類される合成着色料です。アイスクリームや和菓子などに使用されています。

ドッグフードの食いつきをよくするために使用される甘味料も添加物です。

キシリトール

人間では問題のないキシリトールは、犬には絶対与えてはいけない食材とされています。

ビートパルプ

ドッグフードにもよく使用されている添加物です。抽出方法によっては、硫酸系の薬品が残留している可能性があるといわれています。

添加物は健康に悪影響?

添加物は人間にも犬にとってもよくないもの、といわれていますが、その理由はいろいろあります。添加物は健康を損なう原因となるのです。

酸化防止剤や着色料、甘味料などの添加物を過剰に摂取すると、皮膚炎などのアレルギー、膀胱がんや甲状腺がん、肝臓や腎臓の機能低下、けいれん、便秘などの症状を起こすリスクがあります。たとえば、キシリトールは少量であっても、血糖値が低下し、嘔吐や歩行困難、腎不全などの危険性があるのです。

市販されているドッグフードには、体に悪影響を与える添加物が配合されている可能性も否定できません。一方で、馬肉ドッグフードを取り扱っているお店は、犬の健康を考えて安心な馬肉を使っています。

馬肉ドッグフードも防腐剤、着色料、香料などの添加物を一切使用していないというものも多いです。犬の健康を考えるなら、安全で安心な馬肉ドッグフードがおすすめです。

添加物を過剰に摂取するとアレルギーや腎臓疾患、嘔吐や下痢などさまざまな症状の原因になります。犬の健康を考えるのであれば、無添加など安心できるものを選んであげましょう。

「馬肉自然づくり」は無添加なのはもちろん、栄養バランスにもこだわって作られています。お客様からも「ワンちゃんの食いつきが良くなった」などの嬉しい声をいただいています。

関連記事

犬は馬肉でアレルギーにならない?安全性と移行のコツを紹介
犬用の馬肉を安全に!良質な馬肉を選ぶポイントとは?

国産ドッグフードは危険?「優良」を選ぶおすすめの方法を紹介

ドッグフードを選ぶとき、外国産を選ぶ人も多いでしょう。これは、国産のドッグフードは評判が良くないため。その理由は安全基準が低いからとされていますが、なかには優良なものもあります。優良なドッグフードを選ぶおすすめの方法について紹介します。

国産のドッグフードは安全基準が低い

国産のドッグフードの評判が悪い理由としては、添加物が関係しています。国産は安全基準が低く、添加物が多い可能性があるのです。

人が食べるものだと国産の食材のほうが、人気がありますよね。しかし、ドッグフードに関しては違います。それは、ドッグフードに使用される添加物に対する規制が犬と人間とは異なるからです。

日本ではドッグフードは食品としてではなく雑貨に該当します。そのため、安全基準がゆるくなっているのです。犬にとってアレルギーや体調不良などの原因となる添加物が表示されていないケースや、無添加と表示されていながら添加物が含まれている、ということもあります。

一方、外国産のドッグフードは食品に該当し、安全基準も厳しいです。そのため、国産のドッグフードよりも安全だといわれています。

国産でも優良なドッグフードはある

外国産のほうが安全といわれているドッグフードですが、国産のドッグフードがすべて危険なわけではありません。

格安で売られているドッグフードには、添加物が多く含まれていることも多く、日本の低い安全基準にギリギリで通っているようなものもあります。

しかし、すべてがそうとは限らず、国産のドッグフードのなかにも、しっかりと犬のことを考えて作られている商品は多いです。実際、優良な商品が多い馬肉ドッグフードは、そのほとんどが国産となっています。

海外と比べるとドッグフードの安全基準は確かにゆるいですが、日本においてペットフードの安全性に対する意識は決して低いものではありません。現在、国内で販売されているペットフードには、日本国内の基準が適用されています。

その基準に達しないものや、有害物質を含んだペットフードは流通できないようになっているのです。なかでも、エトキシキンや亜硝酸ナトリウム、BHA、BHTといった危険な添加物には使用制限が設けられています。

ドッグフードを購入する際には、国産か外国産かという比較も必要ですが、まずは使用されている原料をチェックすることが大切です。

優良ドッグフードの選び方

国産と外国産、どちらがおすすめかというのは一概にはいえませんが、栄養成分や商品の説明をチェックして、良し悪しが判断できれば、選択の幅も広がります。犬の健康に良いドッグフードを見極めるチェックポイントをおさえておきましょう。

無添加

添加物は保存状態を良くしたり、見た目を良くしたりするためなどに使用されるものです。しかし、これらの添加物が多く含まれていると、アレルギーを起こしたり、下痢や便秘、嘔吐など体調不良を起こしたりします。

肉類中心

犬は肉食です。そのため、犬に必要な栄養素は肉の主成分である動物性タンパク質。肉類が中心であれば消化・吸収も良く、アミノ酸もたっぷり摂ることができます。

穀物は控えめ

穀物は安く、大量に生産できるため、ドッグフードには多く含まれていることが多いです。しかし、穀物は犬にとっては消化しにくいものです。

全体の安全性

危険な原材料が使用されず、人間でも食べられる食材のみを使用しているレベルであることも大事です。製造過程では衛生管理がしっかり行き届き、安全性の高いドッグフードが製造されていることも確認しましょう。

国産のドッグフードのなかで、優良なドッグフードを選ぶポイントは無添加であり、ヒューマングレードであることなどです。ワンちゃんの健康のためにも一度ドッグフード選びの基準を見直してみるのも良いかもしれません。

関連記事

ドッグフードでワンちゃんの食いつきが変わる?評判の良い悪いからわかる違い
ドッグフードを手作りしよう!注意しておくべきポイントとは?

商品のお届けについて

必ずお読み下さい

「健康いぬ生活」では、馬肉をメインに日本全国の厳選した原材料を使用しています。ずっと使い続けていただきたい。その一心から少しでも販売価格を抑えるため、少人数で運営しています。そのため、ご注文日から発送まで2~3営業日ほどいただいています。

発送までに2~3営業日かかることをご了承いただける方のみご注文ください。

※営業日とは:土日祝日を除く平日となります

事前に定期便へご注文をいただいているお客様には、指定の日にちにお届けしています。

返品・交換について

商品の返品交換につきましては、下記日程以内にご連絡お願いいたします。
■常温商品・・・到着後8日以内
■クール商品・・・到着後3日以内

  • ・商品の特性上、未開封のものに限ります。事前にスタッフまでご連絡ください。
  • ・お客様のご都合による場合、返送料・手数料はお客様のご負担とさせていただきます。
  • ・配送中の汚損や不良品、ご注文と異なった商品が届いた場合、返送料・手数料は当社が負担いたします。

ご注文方法について

ご注文は24時間受け付けております
このホームページでのご注文、お問い合わせは、年中無休24時間お受けしております。土日祝日または臨時休業日のメールでのお問い合わせ、受注確認は翌営業日となります。

お電話でのご注文について

・通話料無料のフリーダイヤル(下記)をご利用下さい。
・営業時間/午前9:00~午後6:00
・定休日/土日祝日 但し、年始など、臨時休業する場合があります。
TEL 0120-397-111 / FAX 096-223-5135

住所

〒860-0863
熊本県熊本市中央区坪井6-38-15 建峰ビル5F
株式会社利他フーズ 健康いぬ生活事業部

配送について

1配送8,000円以上のお買い上げで送料無料

8,000円(税込)未満の場合は下記となります。

商品 発送方法 送料
常温商品 日本郵便 650円(税込)
冷凍商品 ヤマトクール便 1,080円(税込)

※ゆうパケットでの発送の場合、郵便受けへのお届けとなります。
 お届け日のご指定はできませんので予めご了承ください。
 郵便受けに入らない場合は持ち戻りとなり、不在票が入ります。
 再配達をご依頼の上、手渡しにてお受け取りください。

※沖縄・離島のお客様は別途送料頂いております。
■送料無料商品・・・500円(税込)
■ゆうパックのお届け・・・1100円(税込)
■ヤマトクール便のお届け・・・1480円(税込)

お支払い方法について

クレジットカード決済

利用できるカード会社
VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERSのカードがご利用可能です。
弊社ではSSLというシステムを利用しておりますので、カード番号は暗号化されて送信されます。ご安心下さい。

代金引換

商品到着時に配送業者の方へ現金にてお支払いください。
代引手数料390円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物で代引手数料無料

NP後払い決済

NP後払い手数料205円(税込)をご負担願います。
8,000円(税込)以上のお買い物でNP後払い手数料無料

商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で後払いできる安心・簡単な決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願います。

ご注意

後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で54,000円(税込)迄となります。

TOP